2019年10月3日

物性研究所 ヘリウムガスの再液化事業開始 安定したヘリウム供給へ

 物性研究所は1日、学外の学術機関などから回収したヘリウムガスを研究所内の低音液化室に設置されている装置で液化し、再提供する事業を開始した。ヘリウムはその安定性、熱冷却性能の高さゆえに多くの基礎研究や製品の製造過程で用いられる。

 

 しかし、主要な輸入元であるアメリカの国外販売終了や中東の情勢不安、産業界での需要の拡大などにより、ヘリウムの産出がない日本への輸入量が大幅に減少し、学術機関への影響が出ていた。今回の事業はこれらの現状を受け、これまで柏キャンパス内で行ってきたヘリウムの再液化事業を学外へ拡大したもの。海外情勢に左右されない安定したヘリウム供給の実現が期待される。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

COLUMN 2019年01月04日

【駒場のアツいゼミ特集①】高山ゼミ 徹底した研究と議論でゼミ生と至高の時間を

NEWS 2020年06月18日

理・物理学専攻 大手化学メーカーと包括連携 給付型研究奨学金も創設

INTERVIEW / FEATURE 2018年09月18日

【蹴られる東大⑩】蹴られて当然?東大生もうなずく「とりあえず東大」の終わり

NEWS 2016年11月17日

交付金削減に警鐘 理学部長会議「基礎研究が萎縮する」

NEWS 2018年08月09日

氷床変動を詳細に解明 大気海洋研究所横山教授ら 海面上昇予測に応用も

TOPに戻る