COLUMN 2020年7月29日

【就活の一歩先へ 終身雇用にとらわれない生き方】③ビストロアンバロン代表 両角太郎さん

 新規大卒者の入社から3年以内の離職率が3割を超えるが、そこには終身雇用にとらわれず、多様な生き方をする人が増えているという側面がある。東大の卒業生で企業の社員として働いた経験を持ち、現在は新たな道を歩んでいる3人に転職の経緯やアドバイスを聞いた。就職活動やその先の人生設計の参考としてほしい。3人目は、ビストロアンバロン代表の両角太郎さんだ。

(取材・趙楠)

 

両角 太郎(もろずみ たろう)さん(ビストロアンバロン代表) 88年東京大学理学部卒。同年安田火災海上保険(当時)入社。99年ゴールドマン・サックス投信(当時)への転職などを経て、09年西麻布に「ビストロアンバロン」を開店。

 

企業ではできない意思決定

 

 幼い頃から動物に興味があり、動物行動学の研究者を目指して東大に入学。しかし研究者は向いていないと感じ、学部卒で金融機関に就職することに。「僕が卒業した80年代末はちょうど金融機関が理系を採用し始めた頃でした。給料が非常に高いこともあり、新しい世界に挑戦しようと全く別の世界に足を踏み入れました(笑)」

 

 新卒で入社した安田火災海上保険(当時)では得意な英語を生かし、ロンドンの拠点で活躍。しかし単身赴任だったため、家庭のために転職を考えるように。10年にわたる仕事の経験で自信が付いたこともあり、大手外資系金融、ゴールドマン・サックス投信(当時)に転職し、日本で働き始めた。

 

 転職して待ち受けていたのは、日系企業とは全く違うスピード感だったという。「洗濯機の中でぐるぐる回されている感じでした」。実績を残すも激務が続く中で心身共に限界に。比較的働きやすい別の外資系企業に転職後、リーマン・ショックで解雇されたのをきっかけにセカンドキャリアを歩む決意をした。

 

 食べ歩き、ワインが趣味だったため飲食店を開くことに。知り合いのビストロで2カ月間経験を積みつつ物件と従業員をそろえ、西麻布にビストロを開店した。

 

 開店してみると想定外のことばかりが発生し、経営は試行錯誤の連続だったという。「最初は知り合いが皆来てくれて連日満員でした。でも4カ月で人が来なくなります」。一度来てくれた人にリピーターになってもらうことが課題だった。

 

 メールマガジンに連載記事を書くことや、通信販売の開始など、店の独自性を出すためさまざまな工夫をしてきた。「会社で働いている従業員とは違い、お店ではスタッフでありながら経営者でもあります。何事も自分の意思決定で動くので、きついですが、とても生きている感じがします」

 

 「現状維持が一番楽ですが、やるかやらないかで迷ったときはやってみなさい」と、新しい進路を考える上でのアドバイスを送った。

 

【関連記事 就活の一歩先へ 終身雇用にとらわれない生き方】

【就活の一歩先へ 終身雇用にとらわれない生き方】①ファームサイド株式会社代表取締役 佐川友彦さん

【就活の一歩先へ 終身雇用にとらわれない生き方】②SOELU株式会社COO 白土聡志さん

 


この記事は2020年7月14日号から転載したものです。本紙では他にもオリジナルの記事を掲載しています。

ニュース:過度な心配は無用? コロナ禍の就活の実態
ニュース:新型コロナ 活動制限が緩和へ 「当面変更なし」から一転
ニュース:ラクロス・アメフト リーグ戦秋以降に開幕目指す
ニュース:建築研究の寄付講座始動 積水ハウスと合意
ニュース:工学系研究科 次世代素材研究へ連携講座設置
企画:先輩に続け 就活体験記
企画:2019年度 学部・大学院 就職先一覧
企画:就活の一歩先へ 終身雇用にとらわれない生き方
キャンパスのひと 中村陽太さん(文Ⅲ・2年)

※新聞の購読については、こちらのページへどうぞ。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

COLUMN 2014年03月28日

「ガクチカ」という言葉を使う就活生の9割は失敗する 霜田明寛の就活十番勝負4

COLUMN 2020年06月13日

【東大新聞オンラインPICK UP】〜就活編〜 就活の悩み解決のヒントに

INTERVIEW / OBOG 2014年09月11日

トップは「自由」と「冒険」がお好き 元財務事務次官・現IIJ社長 勝栄二郎さん

PUBLIC RELATIONS 2016年06月02日

「逆境に打ち勝ち、リーダーとして道を切り開くには」 ~東大駒場の大人気講義、瀬地山角先生のジェンダー論スピンオフ講演~

COLUMN 2014年04月18日

面接で「スピーチ」はダメ。「アドリブトーク」風に見せる魔法の言葉とは? 霜田明寛の就活十番勝負6

TOPに戻る