LATEST NEWS 2020年5月15日

2020年春の紫綬褒章 医・川上教授と理・山内教授に

 政府は4月29日付で2020年春の褒章を発令し、紫綬褒章に東大の現職の教員から川上憲人教授(医学系研究科)と山内薫教授(理学系研究科)が選ばれた。同褒章は学術などで優れた業績を上げた人に与えられ、今回は両教授を含め計19人が受章した。

 

 川上教授は精神保健学や精神看護学、公衆衛生学が専門。特に、働く人のストレスや心の健康問題を扱う「職場のメンタルヘルス」の分野で、働く人のうつ病予防などの研究や現場での実践に注力した。低所得かつ医療が未発達の国でどのように心の健康を守るかといった「国際精神保健」や、被災地での精神保健調査にも取り組んだ。

 

 山内教授は、化学反応の過程における分子の変化を研究。一定の高強度の光の場の中で「物質と光が混ざった状態」が生成することなどを、実験装置の開発と共に発見した。100京分の1秒単位で電子の運動を観測・操作する研究にも貢献。さらに光科学分野の教育プログラムを創設するなど、人材育成にも携わった。

 

 同日には春の叙勲も発令された。公務などに長年従事し、業績のある人に与えられる瑞宝中綬章には、東大の関係者として阿部啓子名誉教授(10年に食品科学の研究で紫綬褒章を受章)らが選ばれている。


この記事は2020年5月12日号から転載したものです。本紙では他にもオリジナルの記事を掲載しています。

ニュース:「こういう時こそ学生と協力を」 教員・学生に聞くオンライン化
ニュース:新総長選考開始が公示 経営能力重視が明確に
ニュース:「やり抜く力」の予測法を開発
ニュース:西村大臣の視察に伴う東大側の感染者は0人
ニュース:大学インパクトランキング 東大は国内2位 SDGs達成は道半ば
ニュース:アルツハイマー病発症 初期に関わる分子同定
ニュース:医・川上教授と理・山内教授に 20年春の紫綬褒章
ニュース:東大さつき会 女子学生に給付型奨学金
企画:トイレットペーパーなぜ消えた? 新型コロナウイルス感染拡大での集合心理を分析
企画:新歓の新たな可能性 新型コロナウイルスとサークル新歓
東大新聞オンラインPICK UP:映画編
著者に聞く:『現実を解きほぐすための哲学』小手川正二郎准教授(國學院大學)
東大CINEMA:『コンテイジョン』
キャンパスのひと:大塚遥輝さん(文Ⅰ・2年)

※新型コロナウイルス感染拡大防止対策のため、STORES.jpのオンラインストアを休止しております。申し訳ございません。
定期購読の方、お試し購読されている方には登録されたご住所に届けられますが、物流の混乱で遅れが発生する場合がございます。
あらかじめご了承ください。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

INTERVIEW / PROFESSOR 2018年08月13日

【東大教員からのメッセージ】鄭雄一教授インタビュー 工学でひもとく道徳の構造

INTERVIEW / PROFESSOR 2014年10月27日

東大生よ、能力相関を考えよ 松尾豊准教授インタビュー3

NEWS 2017年03月25日

合奏でテンポが速くなってしまう理由を解明 体内のタイミング調節メカニズムが影響

NEWS 2020年09月24日

医学系 統合失調症の原因解明に進展

COLUMN 2020年06月29日

【論説空間】コロナ禍で理解は進むか 感染症数理モデルの活用

TOPに戻る