「報道特集」の記事一覧

ニュース

2021年03月21日

課題への「義務感」で生きる日々 前期教養課程の課題過多問題を考える

 新型コロナウイルス流行に伴い、2020年度の東大では全学的にオンライン授業が導入された。オンライン授業では、これまでの対面授業と比べて課題の量が増えたと指摘する声が聞かれた。特にSセメスターでは前期教養課程の新入生を中心に課題の多さを嘆く声が相次いだ。新入生と太田邦史総合文化研究科・教養学部長に話を聞き、新入生らが課された課題の実態と、大学側の対応に迫った。 (取材・中野快紀)  前期
TOPに戻る