キャンパスライフ

2022年11月30日

【寄稿】TEDxUTokyo 2023実行委員会 「TEDxUTokyoSalon 2022 “ゆらぐ”」を12/11に開催

 

 TEDxUTokyoは、大学とTEDがコラボレーションした日本初のTEDxUniversityです。大学が社会に果たす役割である「知」の発信をTEDxという枠組みで行うべく2012年より開催し、大学開催のTEDxの牽引的存在となりました。私たちは、ビジネス、芸術、そして学問の分野の融合によって、このコミュニティーから、日本の未来を背負うイノベーターが生まれることを信じ、日々活動しています。(寄稿=TEDxUTokyo 2023実行委員会)

 

TEDxUTokyoとは

 

 “Ideas Worth Spreading”(広めるべき価値のあるアイデアを)の精神の下1984年にアメリカで発足以来、科学やビジネス、社会問題など多岐にわたる分野についてのアイデアを世界中に発信し続けるTED。TEDxの『x』には独立しているという意味が込められ、TEDの正式なライセンスを取得しながらも人選や運営などにTEDは関与せず、それぞれのTEDxがTEDの理念、精神に則りながらも独自の特色を生かしてイベントを運営しています。

 

 世界150カ国以上で発足しているTEDxコミュニティの一端を担うTEDxUTokyoは、TEDから2012年にライセンスを受け、安田講堂にて東京大学の学生をはじめとした約500人の観客を動員して毎年開催されてきたイベントです。

 

 今年の6月には教授陣からも支援をいただき、感染症対策にも留意しながら参加者350人規模の対面トークイベント「TEDxUTokyo 2022 “Patchwork”」を開催し大変好評をいただきました。

 

 イベントのコンテンツは大きく分けて二つあります。

 

 

 一つ目が”On-Stage Session”。科学、ビジネス、芸術等多岐に渡る分野で活躍する方々が登壇し、自分なりの『広めるべき価値のあるアイデア』をプレゼンテーションすることによって参加者に共有します。実際に自分の研究の成果物を披露する方や音楽演奏を通して感情に訴えかける方も登壇され、学校の授業とは一味違った活気ある環境が作り上げられました。

 

 

 二つ目が”Off-Stage Session”。On-Stage Sessionに繋がりを持つさまざまな催しを通して参加者同士の交流を促し、さらなる『アイデア』の発展を図りました。TEDxUTokyoの取り組みにご賛同くださる企業様や学生団体のワークショップ、研究成果物の体験会などが用意され、参加者は思い思いのブースに赴き、自由に時間を過ごします。生の経験を通した参加者同士の会話の中に新しいアイデアを見つける糸口が数多く見つかるSessionになり、その日初めて会ったばかりの参加者同士で意気投合し、所属や分野、年齢を超えて活発な交流を見せる場面も多く見られました。

 

12/11開催のイベント「TEDxUTokyoSalon 2022 “ゆらぐ”」

 

 

 ここからは2022年12月11日に開催される、「TEDxUTokyoSalon 2022 “ゆらぐ”」についてご紹介します。

 

 現在、私たちは“Add Ideas, Rearrange the Reality”というMissionを掲げ活動しています。TEDxUTokyoという場所・コミュニティを通じて『広めるべき価値のあるアイデア』を人々が共有することにより、Reality(=現存の現実、固定化してしまう可能性のある個々人の世界観など)を1人1人が組み替え続けていく。私たちはTEDxUTokyoという場を提供することで、参加する全ての人の可能性の拡張を目指します。 

 

 今年のTEDxUTokyoSalonのテーマは「ゆらぐ」です。人々が、TEDxが、東大が、アイデアを介して揺らぎ合い、増幅し、姿を変え、世界に伝播していくことで”今日”が変化していくことを願って設定しました。

 

 TEDxUTokyoでは普段の生活では決して味わうことのできない、知を通した新鮮で刺激的な体験をすることができます。人生を変えるような一日を一緒にすごしてみませんか。

 

 ここまで読んでくださった皆様とイベントを通して交流できることを心よりお待ちしております。

 

【概要】

・イベント名:TEDxUTokyoSalon 2022 “ゆらぐ”

・日時:2022年12月11日(日)午後

・場所:東京大学本郷キャンパス 情報学環・福武ホール

・参加者:60名(予定)

TOPに戻る