LATEST NEWS 2014年7月24日

AKBと憲法を語ろう 駒場書籍部でサイン会

AKB48の内山奈月さん(慶應義塾大学・1年)が16日、著書の発売を記念して駒場Ⅰキャンパスの生協書籍部でサイン会を行った。サイン会には、14日より先着順で配布の整理券を手に入れた現役東大生30人が訪れ、それぞれ内山さんとのやりとりを楽しんでいた。

140722AKB転載用.JPG 今回のサイン会は、内山さんが南野森准教授(九州大学)と協同で執筆した『憲法主義~条文には書かれていない本質~』(PHP研究所)の発売を記念したもの。南野准教授が東大を卒業した縁から、駒場でサイン会を行うことになったという。

※後日、内山さんの特別インタビュー記事を公開予定です。

この記事は2014年7月22日号からの転載です。紙面では他にも独自の記事を掲載しています。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

INTERVIEW / OBOG 2015年08月16日

インフォグラフィックはなぜ注目されているのか。学際情報学府修了荒川拓さんに聞く

COLUMN 2015年04月01日

ある東大生の物語。彼はなぜ短歌をよみ始めたのか:東京大学本郷短歌会

COLUMN 2014年03月17日

【サークル奮闘記】「本を書きたい」学生を発掘して出版社に売り込む! 出版甲子園実行委員会

INTERVIEW / OBOG 2014年08月13日

『進撃の巨人』が生まれるまで 編集者川窪慎太郎さんインタビュー

INTERVIEW / OBOG 2015年10月28日

脚本家森下佳子さん講演会 「脚本家は人々の心のツボを刺激する魅力的な仕事」

TOPに戻る