SPORTS 2017年6月24日

東大アメフト 防衛大に24-20で逆転勝利 今季オープン戦最終戦で初白星

 アメリカンフットボール部(関東学生1部リーグ)は6月24日、オープン戦第5戦を関東学生3部所属の防衛大学校と本郷キャンパス御殿下グラウンドで戦い、24-20で逆転勝利した。先制を許した東大は後半に2タッチダウン(TD)などでひっくり返すも、試合終盤に攻め込まれあわや逆転というところで試合終了となり、辛くも逃げ切った。オープン戦最終戦で初勝利を挙げ、春のオープン戦は1勝4敗で終わった。

 

 

東 大|0 7 7 10|24

防衛大|0 10 3 7|20

 

 今季オープン戦で白星がない東大は序盤、攻めがつながらず敵陣に踏み込めない。最初のピンチは相手のフィールドゴール(FG)失敗でしのぐも、第2クオーター(Q)開始直後に連続でランプレーでの前進を許し、TDを奪われる。次の攻撃でファンブルし相手に攻撃権を渡すと、またもランのみの攻撃を止められずFGにつなげられ、10点差を付けられる。

 

相手ランニングバックがディフェンスを隙間を抜けて45ヤードを走り先制(撮影・小田泰成)

 

 反撃したい東大はその直後、2回のパスを通して敵陣に踏み込むと、最後はクオーターバックの松下嶺選手(育・4年)自らのランでTDを奪い3点差に。第3Qには相手がファンブルしたボールを捕ると、3回のランプレーで80ヤード弱前進してTDを奪い逆転に成功する。さらにお互いにFGで3点ずつ加えた後、試合残り5分22秒に伊藤宏一郎選手(文Ⅲ・2年)が瀬戸裕介選手(経・3年)へのパスを通してTDを奪い、点差を11点に広げる。

 

第2Q、松下選手が空いていたスペースに走り込んでTDを決め3点差に迫る(撮影・児玉祐基)
伊藤選手がTDゾーンに投げたパスを瀬戸選手が捕り、点差を広げる(撮影・児玉祐基)

 

 勝負は決まったかと思われたが、防衛大は次の攻撃でクオーターバックを代え、敵陣までランプレーで攻め込んだところでこの試合初めてパスを解禁。東大守備陣は対応できずがら空きのスペースにボールを通されて残り5ヤードまで攻め込まれると、最後はランで突破されTDを奪われる。残り時間がなくなる中、東大はランプレーで時間を消費しようとするも、ここで痛恨のファンブルを犯し残り15秒で攻撃権を失う。防衛大はパスを通して残り1ヤードと迫ったが、ここで時間切れとなり試合終了。辛くも逃げ切り、今季オープン戦初勝利を収めた。

 

 試合後、遠藤翔主将(経・4年)は「自滅を繰り返すなど恥ずかしいプレーばかりで、春の取り組みの甘さを痛感した」とコメント。本番となる秋季リーグは9月10日の桜美林大学戦が初戦となる。秋のリーグ戦開始まで後2カ月半、一から取り組みを見直して立て直しを図りたい。

 

(文・竹内暉英)

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

NEWS 2017年11月25日

ホッケー男子 4季ぶりの1部復帰が決定 学習院大との入替戦に勝利

SPORTS 2018年06月27日

ラクロス男子 攻撃で京大を圧倒し9点差勝利 昨年惜敗の雪辱果たす

COLUMN 2018年01月21日

スピンから見る平昌五輪「フィギュアスケート」の見どころ

SPORTS 2015年10月14日

東大アメフト 開幕3連勝逃す 中盤の失点響く

SPORTS 2016年10月31日

男子ラクロスの魅力に迫る 11月3日に7年連続の”FINAL4”

TOPに戻る