EVENT 2017年7月19日

「東大生の知らない、イスラムの世界」アジア5カ国出身の大学生とディスカッション

 

イスラム教ってこわそう、と少しでも思っている人に来てほしいイベントがあります。

現在全世界で16億人以上(※1)が信仰しているとされるイスラム教。その信者は将来にかけて増加を続け、2100年には世界最大規模となることが予測されています(※2)が、そんなイスラム教徒に対して、あなたはどのようなイメージをお持ちでしょうか。

※1 一般社団法人ハラル・ジャパン協会サイトより

※2 米調査機関ピュー・リサーチ・センター2017年3月発表資料より

 

近年世界各地で頻発している、テロ行為の主体としてのイメージを持たれるような情報が流れるなかで、活字や映像だけではなく、生身の人間同士の対話を通じてイスラム教及びムスリムを知ってほしいという趣旨で、バングラデシュ、インド出身のムスリムの学生を招いたイベントを開催します。

定期試験で、それどころではない・・・という多くの学生の方の心の声が聞こえて来そうですが、普段とは別の角度からイスラム教やムスリムを理解できる有意義な時間となると(誠に勝手ながら)思っておりますので、ぜひご参加をご検討いただけますと、幸いです。

それでは当日会場でお会いできるのを楽しみにしております!

 

プレゼンテーターの一人Susan Sitoulaさん

 

 


イベント概要

■日時

2017年7月28日(金)10時〜17時(途中参加、途中退出可能)

■場所

10時に東京大学本郷キャンパス工学部8号館前

■定員

先着20名(参加可否はお申込みいただいた方に、追って個別にご連絡いたします。)

■当日の流れ

途中参加、途中退出は可能です。ランチの時は工学部8号館を離れます。

詳細はお申込みいただいた方へ、別途ご連絡いたします。

10:00 自己紹介&アイスブレーキング

12:00 ランチ

13:30 茶道体験

14:30 ディスカッションセッション(第一部)

メインプレゼンターによるスピーチの後、ディスカッションに移ります。 “Islamic societies” by Ms.Shakir and Ms.Subba

15:30 ディスカッションセッション(第二部) 3グループに分かれてディスカッションを行います。

“Public Health care” by Ms. Sitoula

“Recycling and waste management practices” by Ms. Jawaid

“bilateral trade and overall relationship of Bangladesh and Japan” by Ms. Sharmin

16:30 終了

■お申込み先

下記のURLより参加登録をお願いします。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfkbhnG1K5E9mrwBEFRWGkV1mzj_RI1f7Rra-Ko4z6uZMMffg/viewform?c=0&w=1

■使用言語

英語です。

■主催

アジア女子大学

■お問い合わせ

アジア女子大学 Friends of AUW Japan 北原

auw.and.ut@gmail.com

(文・アジア女子大学 Friends of AUW Japan 北原 写真・アジア女子大学 Friends of AUW Japan提供)

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

INTERVIEW / OBOG 2015年12月14日

ノブレス・オブリージュだけでは社会課題は解決できない リディラバ安部敏樹さん1

EVENT 2015年07月03日

7/16(木) 国際保健政策学 渋谷健司教授セミナー

NEWS 2015年01月27日

緒方貞子さん「人間の安全保障」への思いを語る

COLUMN 2014年05月13日

人を殺すのはなぜ悪い? 映画『アクト・オブ・キリング』が全世界で注目されているわけ

NEWS 2015年06月11日

ジュエリーブランド「EDAYA」展示会 「『わたし』と『社会』のリ・デザイン展」

TOPに戻る