SPORTS 2016年9月10日

硬式野球部 田口選手が本塁打も明大に18安打9失点で開幕戦黒星

 硬式野球部(東京六大学野球)は9月10日、秋季リーグ開幕戦となった明治大学との1回戦を戦い、2―9で敗れた。東大は二回に先制するもその裏に長打3本を含む4安打で逆転を許し、その後も計18被安打と打ち込まれた。試合前に南風原朝和理事・副学長が始球式を務め、マウンドからストライクを投げるとスタンドから拍手が沸き起こった。両軍は明日11日、午後1時頃から2回戦を戦う。

 

始球式でマウンドからノーバウンド投球を披露した南風原理事・副学長(撮影・田辺達也)
始球式でマウンドからノーバウンド投球を披露した南風原理事・副学長(撮影・田辺達也)

 

東大|010 000 100|2

明大|031 020 21X|9

 

 先発の有坂望投手(文Ⅲ・2年)は初回、春優勝の明大相手に先頭から2者連続三振を奪い三者凡退に抑える上々の立ち上がり。すると打線は二回、4番の田口耕蔵選手(育・3年)がフルカウントからフェンス直撃の二塁打を放ち好機をつくると、1死二三塁で水島拓郎選手(工・3年)が適時内野安打を打ち1点を先制する。

 

 しかし有坂投手はその裏、先頭から3連打を浴びあっさり同点とされる。さらに犠飛と長打を許し、逆に2点差を付けられてしまう。打線は三~五回に毎回走者を出すも、2度の盗塁死や併殺を喫し攻撃で流れをつかめない。五回に代わった柴田叡宙投手(育・3年)が2点を失い、点差は5点に。七回に田口選手が右翼スタンドに自身通算2本目となる本塁打を放つも、その裏に2失点するなど最後まで波に乗れず2-9で敗れた。

 

七回に右翼スタンドにソロ本塁打を放った田口選手(撮影・関根隆朗)
七回に右翼スタンドにソロ本塁打を放った田口選手(撮影・関根隆朗)

 

 「夏に走塁の意識を高めた」という打線だが、積極的な姿勢が裏目に出た。2点を追う三回は先頭を出したが、送りバント失敗で得点圏に進められず2死となり、盗塁失敗で好機をつくれない。四回は2死から死球で出塁した喜入友浩選手(育・4年)がバッテリーの隙を突いて次打者の初球に走るも、間一髪アウト。五回も送りバントが併殺となって無死の走者を生かせず、相手右腕を楽にさせてしまった。田口選手が柳投手から本塁打を含む長打2本を放つ活躍を見せていただけに、走者を出して4番打者につなぎたかった。

 

(文・竹内暉英)

 

1本塁打を含む長打2本を打った田口選手の話

 ホームランは、打ったのは高めの直球。ぎりぎり届かないと思い三塁打を狙って全力で走った。春は追い込まれると当てに行ってしまっていたが、第1打席ではフルカウントからフルスイングができた。春は宮台(康平投手・法3年)に助けられっぱなしだったので、目標の10打点を上げることでカバーしたい。

 

【関連記事】

「勝ち点に向け鍵は投手」 硬式野球・浜田監督 リーグ開幕前インタビュー

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

SPORTS 2015年06月04日

硬式野球、勝利までの苦難の歴史 昨年秋から光明見える

COLUMN 2015年03月30日

サークル紹介:東京大学新聞社 毎週発行、紙の「東京大学新聞」はどう作られるのか

NEWS 2017年09月09日

硬式野球 開幕戦で立大に敗戦 先発・濱﨑投手好投も打線が好機生かせず

SPORTS 2017年05月07日

【部員が見る軟式野球⑧】東大、後一本が出ず法大に敗退 リーグ優勝を逃す

SPORTS 2015年05月24日

【写真・各回詳細つき】東大野球部2010年秋季リーグ以来、9季ぶりの勝利

TOPに戻る