SPORTS 2016年9月17日

硬式野球部 慶大・加藤投手にノーヒットノーラン喫し0-8で大敗

 硬式野球部(東京六大学野球)は9月17日、慶應義塾大学との1回戦を戦い、相手の加藤拓也投手(4年)の前にノーヒットノーランを喫して0―8で敗れた。先発の有坂望投手(文Ⅲ・2年)が初回に5連打を浴びていきなり4点を失うと、打線は相手先発の150キロ右腕から1本も安打を打てなかった。東京六大学野球のノーヒットノーランは、東大が13年秋に慶大の加嶋宏毅投手(当時2年)に喫して以来。両軍は明日18日午前10時半から第2試合を戦う。

 

慶大・加藤投手が投げてはノーヒットノーラン、打っては1本塁打と活躍した(撮影・関根隆朗)
慶大・加藤投手が投げてはノーヒットノーラン、打っては1本塁打と活躍した(撮影・関根隆朗)

 

東大|000 000 000|0

慶大|402 002 00X|8

 

 先発の有坂投手は初回、1死から二塁へのぼてぼての当たりが内野安打となり出塁を許す。ここから連打で満塁となると、5番打者に二塁打を浴び2失点。続く打者にも2点適時打を浴びるなど5連打でこの回一挙4点を失う。三回には1死二塁から打った瞬間本塁打と分かる豪快な一発を浴び、3回6失点と試合をつくれない。

 

 打線は初回、四球と失策で2死一二塁の好機をつくるも5番の楠田創選手(育・3年)が三振し得点できず。尻上がりに調子を上げた慶大の加藤投手の前に、無安打投球を続けられる。2番からの好打順を迎えた九回は1死から四球で走者を出すも、4番の田口耕蔵選手(育・3年)が併殺を喫し試合終了。10三振を奪われ屈辱のノーヒットノーランを食らった。

 

(文・竹内暉英)

 

 【関連記事】

「勝ち点に向け鍵は投手」 硬式野球・浜田監督 リーグ開幕前インタビュー

硬式野球部 田口選手が本塁打も明大に18安打9失点で開幕戦黒星

硬式野球部、明大に連敗 1年生・小林投手162球の力投実らず八回に逆転許す

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

SPORTS 2016年05月28日

【部員が見る軟式野球⑨】追い上げ及ばず、泥沼の5連敗

SPORTS 2016年07月07日

七大戦、ラクロス男子と少林寺拳法で優勝 7競技終え、東大が首位

INTERVIEW / OBOG 2015年09月15日

多くの困難に挑戦せよ:甲子園から東大へ。市川武史さんが伝える夢を叶えるヒント

SPORTS 2016年05月23日

硬式野球部 今季最終戦に敗れ、勝ち点は来季以降に持ち越し

SPORTS 2017年01月01日

日本サッカー協会と連携協定を締結 競技団体との連携は初

TOPに戻る