SPORTS 2017年4月9日

硬式野球、3回までに13失点 散発4安打で完封負け

3回、追加点を許す柴田投手(撮影・田辺達也)

 

 硬式野球部(東京六大学野球)は4月9日、明治大学との2回戦を戦い、0―13で大敗した。投手陣が3回までに13点を奪われるなど試合を作れず、打線も相手投手陣の前に沈黙した。東大は次週4月15・16日に慶應義塾大学と戦う。

 

東大|000000000|0

明大|04900000X|13

 

 東大先発の小林大雅投手(文Ⅱ・2年)は初回こそ無失点で切り抜けるも、2回に相手の先頭打者に先制本塁打を許す。さらに安打と四球で2死二三塁とされると、暴投と適時2塁打で4失点を喫し降板。3回には2回途中から登板した濱﨑貴介投手(理Ⅱ・2年)が先頭からの4連打など打者一巡の猛攻を浴びる。代わって登板した柴田叡宙投手(育・4年)も打ち込まれ、この回打者14人に8安打2四球で9点を奪われて試合を決定付けられた。

 

 一矢報いたい打線だが、今日も明大投手陣を打ちあぐねる。唯一の連打は2回の2連打のみで、その好機も後続が倒れて生かせない。試合を通じて散発4安打の拙攻で完封負けを喫した。

 

最後の打者として打ち取られ下を向く森田穣選手(育・4年)(撮影・児玉祐基)

 

 東大は開幕2連敗スタート。1回戦は活躍が期待された宮台康平投手(法・4年)が5回途中5失点で試合を作れず、2回戦も投手陣が大量失点を喫した。打線も2戦合計でわずか2得点、長打は0本と得点力不足が浮き彫りとなった。特に6~9番は2戦でわずか1安打。得点力アップに下位打線の奮起が求められる。

 

(文・関根隆朗)

 

【関連記事】

硬式野球 宮台投手、制球難で5回途中5失点 打線も4安打2得点止まり

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

SPORTS 2016年09月27日

ラクロス男子、中大と引き分け 5点リード守れずリーグ戦突破は最終戦に持ち越し

SPORTS 2018年05月03日

【部員が見る軟式野球2018⑥】打線がつながり明大に快勝

SPORTS 2016年05月28日

【部員が見る軟式野球⑨】追い上げ及ばず、泥沼の5連敗

SPORTS 2017年05月06日

硬式野球 立大に今季ワースト18失点 4番・5番のアベック弾も大敗

COLUMN 2017年12月18日

硬式野球部はなぜ勝ち点を取れたのか? 監督・選手の話で振り返る秋季リーグ戦

TOPに戻る