SPORTS 2018年10月3日

硬式野球 早大にまたも完封負け 三塁すら踏めず

 硬式野球部(東京六大学野球)は10月2日、早稲田大学との2回戦に臨み、0ー5で敗れた。東大は三回を除いて相手を無得点に抑えるも、打線が2安打無得点と沈黙し、三塁すら踏めなかった。次は10月6日13時半(予定)から、明治大学との1回戦を戦う。

 

東大|000000000|0
早大|00500000×|5

 

 先発の有坂望投手(育・4年)は一、二回を三者凡退に抑える順調な立ち上がり。しかし三回裏、先頭打者に中前打を許すと、センターを守る辻居新平選手(法・3年)がグローブからボールをこぼし、返球が遅れる間に二塁まで進まれてしまう。次の打者には、4連続ファールで粘られた後の10球目に再び中前打を許し、二塁ランナーは生還。味方のエラーが絡み、あっさり先制を許す。

 

 その後バントでアウトを一つ取るも、左前打や右中間への本塁打でさらに3点を追加され、結局有坂投手は2回1/3で降板。続いて溪亮(たに・たすく)投手(文・4年)が登板したが、これは「宮本(直輝投手(育・3年))が準備できるまでのつなぎだった」(浜田一志監督)。満を持して登板した宮本投手は、五回に右前打と犠飛で2死一三塁のピンチを迎えるも、続く打者をピッチャーゴロに仕留める。以降は安定したピッチングで三塁を踏ませず、5回2/3を4安打無失点と期待に応える。

 

安定したピッチングを見せた宮本投手(撮影・安保茂)

 

 反撃したい打線だったが「うちは初物に弱いから」と浜田監督が話すように、初対戦となる相手の1年生投手の前に手も足も出ない。唯一チャンスらしいチャンスが生まれたのは八回。1死の場面で代打の石元悠一選手(文Ⅲ・2年)がサードにボールを運び、これを相手が弾いている間に出塁。続く宮本投手がバントを決め、この試合初めてランナーを二塁に進める。ここで代打に起用されたのは、前日6番打者として先発出場するも、六回1死満塁のチャンスで併殺に倒れた青山海選手(育・3年)。名誉挽回といきたいところだったが、フルカウントからの7球目、ストライクを見逃し万事休す。終わってみれば2試合で計6安打無得点と、課題が残る結果となった。

 

(小田泰成)

 

【関連記事】

硬式野球 早大に今季初の完封負け 相手エースを前に散発4安打

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

SPORTS 2016年09月25日

アメフト 横国大を31-7で破り開幕2連勝

SPORTS 2016年06月13日

アメフト 中大に残り39秒で逆転し6年ぶり勝利 竹之下監督「守備の活躍に尽きる」

NEWS 2017年09月18日

硬式野球 慶大相手に一時追い付くも力負け 勝ち点の行方は19日の第3戦へ

COLUMN 2018年11月07日

東大生虎党に聞く、なぜ弱かった今年の阪神 主砲不在、若手は甲子園の大観衆に萎縮?

COLUMN 2018年01月31日

日本人選手が金メダル獲得の期待大 平昌五輪「スキージャンプ」の見どころ

TOPに戻る