SPORTS 2019年9月22日

硬式野球 慶大に圧倒され連敗 2試合連続二桁失点

 硬式野球部(東京六大学野球)は9月22日、慶應義塾大学と2回戦を戦い、0-10で完封負けを喫し、連敗した。東大は五回に小林大雅投手(経・4年)が6点を失うなど、試合中盤までに大きくリードされる。打線は五回以降毎回安打を記録するが、慶大投手陣を最後まで打ち崩せなかった。東大は10月5日の第2試合で、早稲田大学との1回戦に臨む。

 

二回に右前打で出塁する石元選手。4試合で7安打と打撃絶好調だ(撮影・湯澤周平)

 

慶大|210160000|10

東大|000000000|0

勝:森田晃(慶大) 負:坂口(東大)

 

 打線は二回、今季毎試合安打を放っている石元悠一選手(育・3年)が、1死から右前打で出塁。さらに、前日の1回戦で本塁打を放った梅山遼太選手(理・3年)も右前打で続き、1死一二塁の好機をつくる。しかし次の打者の山下朋大選手(育・4年)は、初球を引っ掛けて遊ゴロ併殺。好機を生かせず得点できない。

 

 東大の先発は坂口友洋投手(文・4年)。序盤から制球に大きな乱れはないが、追い込んだ後の勝負を決めにいった球を慶大打線に狙われる場面が目立った。初回は2死二三塁から中前適時打で2点を失い、二回も1失点。三回こそ内野陣の好プレーに助けられ三者凡退に抑えるが、浜田一志監督は四回からの継投策を採ることを決断する。

 

 四回から登板したのは、今季初登板の宮本直輝投手(育・4年)。しかし宮本投手は先頭打者にいきなり本塁打を浴び、その後は三者凡退に抑えるが「打球は全て芯で捉えられていた」(浜田監督)。そのため五回からは、前日の1回戦では四回途中で降板したエースの小林投手を投入する。

 

今季初登板となった宮本投手(撮影・湯澤周平)

 

 交代直後の五回、小林投手は制球に苦しみ大乱調。先頭から3連打を浴びて1点を失うと、結果的に8人連続で出塁を許す。この回は被安打が5本、与えた四死球が3個となり、打者11人の猛攻で6点を失う。

 

 点差を詰めていきたい打線は、中盤以降も相手投手陣を打ち崩せない。五回以降毎回出塁に成功し、五、八、九回と先頭打者が出塁する。しかしどの回も走者を2人以上ためられず淡白な攻撃が目立ち、得点できない。

 

 小林投手は五回の打席で利き腕の左肘に死球が当たり続投が危ぶまれたが、六回以降「意地を見せてくれた」と浜田監督が振り返るように安定感のある投球を見せる。打たせて取る投球が本来の持ち味だが、この日は六回以降六つの三振を奪う。九回には1死一二塁のピンチを招くが、内野ゴロと三振で無失点。六回以降は互角の勝負だっただけに、五回の6失点が重くのしかかる1戦となった。

 

五回の死球直後、治療に向かう小林投手(撮影・湯澤周平)

 

(湯澤周平)

 

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

SPORTS 2018年10月01日

硬式野球 早大に今季初の完封負け 相手エースを前に散発4安打

SPORTS 2019年09月19日

【部員が見る東大軟式野球2019秋⑥】投手陣好投も打撃振るわず法政大にサヨナラ負け

SPORTS 2018年04月19日

【部員が見る軟式野球2018②】明大に4-3で開幕2連勝

SPORTS 2018年06月02日

【部員が見る軟式野球2018⑩】リーグ優勝に向けて慶大に快勝

SPORTS 2017年03月29日

【部員が見る軟式野球①】慶大に1―3 春季リーグは黒星スタート

TOPに戻る