ニュース

2021年10月15日

千葉県北西の地震 東大で目立った被害なし

 東大は10月7日午後10時41分頃に発生した千葉県北西部を震源とする地震に関して、13日時点では、東大キャンパス内の施設および設備についての被害は報告されなかったと明らかにした。東大構成員については、キャンパス内での被害はなかったが、構外で2人の軽傷者が確認された。東大本部広報課が東京大学新聞社の取材に対して回答した。

 

 東大は地震発生後、構成員への安否確認などの対応を行ったが、それ以外には特別な対応は講じていないとしている。

 

 気象庁によると、この地震の規模を示すマグニチュードは5.9と推定され、埼玉県や東京都の一部地域で最大震度5強を観測した。地震発生1週間程度は最大震度5強程度の地震への警戒が呼びかけられていた。

 

TOPに戻る