SPORTS 2016年4月19日

硬式野球部 山田選手が本塁打放つも、投壊で勝ち点ならず

八回表、山田選手の本塁打で一矢報いる(撮影・関根隆朗)
八回表、山田選手の本塁打で一矢報いる(撮影・関根隆朗)

 硬式野球部(東京六大学野球)は19日、勝ち点をかけた明治大学との3回戦を戦い、3―12で大敗した。東大は宮台康平投手(法・3年)が3回3失点と試合を作れず、後続の投手も明大打線を抑えられなかった。次は4月30日、5月1日に慶應義塾大学と対戦する。

 

東大|000000030|3

明大|11102502X|12

 

 東大は初回、四死球で2死一二塁の好機をつくるも、後続が断たれ得点できない。先発の宮台投手はその裏、3安打を浴びて1点を失う。中2日の疲れが響いて直球はほとんど130キロ台前半と球にキレがなく、三回までに毎回の3失点を喫する。四回から昨日の試合で勝ち投手となった有坂望投手(文Ⅲ・2年)が登板するも、五回に2失点すると六回には四球と連打で5点を失い、大勢が決する。

 打線は中2日の柳裕也投手(4年)を相手に五回まで1安打9三振と苦しめられる。柳投手が五回で降板した後、八回に無死一二塁から山田大成選手(育・3年)が本塁打を放ち3点を返すも、反撃はここまで。投手陣が大量12失点と崩壊し、勝ち点の壁を見せつけられる結果となった。

 

(文・竹内暉英)

 

開幕4戦の試合はこちら

→ 硬式野球部 宮台投手が毎回の13奪三振もサヨナラ負け

→ 硬式野球部、9安打放つも11残塁 8失点で2試合連続の完封負け

→ 硬式野球部 宮台投手の好投実らず、またもサヨナラ負け

→ 硬式野球部 山田選手のサヨナラ打で今季初勝利

 

山田選手へのインタビュー

→ 硬式野球部12年ぶり明大撃破 サヨナラ打&本塁打の山田選手「ほっとした」

 

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

SPORTS 2016年04月24日

アメフト部 2016年度開幕戦で学習院大に31―7で勝利

SPORTS 2016年08月30日

七大戦、東大が2位に大差で首位快走

EVENT 2017年03月06日

東大生オリジナル脚本の公演を11~14日に開催 学生劇団「ささくれ(劇)」

SPORTS 2016年06月25日

ホッケー女子、創部以来初の2部優勝 1部復帰懸け26日に入替戦

INTERVIEW / FEATURE 2016年02月02日

留学で得たインサイトを還元、日本人に足りない“自信と目的意識”を醸成する…前編

TOPに戻る