ニュース

2021年9月27日

【東京六大学野球】立大2回戦 逆転で今季初勝利

立教大学に逆転勝ちし、笑顔が弾ける東大ベンチ(撮影:園田寛志郎)

 

 硬式野球部(東京六大学野球)は9月26日、立教大学とリーグ戦2回戦を戦い7-4で勝利した。立大の先発荘司を捉えられず五回までに3点をリードされる苦しい展開だったが、試合後半に打線が奮起し逆転。見事1回戦のリベンジを果たした。

取材・清水央太郎

 

東大|000002302|7

立大|201001000|4

 

 先発投手を務めたのは奥野雄介(文・4年)。一回から制球を乱し、5四死球で2点を失いなお二死満塁としたところで、開幕カードの慶大戦で好投した松岡由機(文I・2年)に早くも継投。変わった松岡由機がこの局面を三振に切って取り、ピンチを救った。三回にも連打と四球で無死満塁のピンチを背負うも、なんとか最小失点に抑える。五回にはこの回からマウンドに上がった小宗創(育・4年)が相手打線を三者凡退に抑える好投を披露した。

 

逆転の2点適時打を放ち塁上でガッツポーズの井上(撮影:園田寛志郎)

 

逆転のホームインで喜ぶ、阿久津㉙、大音⑩(撮影:園田寛志郎)

 

 粘りの投球を見せる投手陣を援護したい打線は3点を追う六回、一死からクリーンアップの3連打で2点を奪い、打ちあぐねていた立大先発の荘司をマウンドから引きずり降ろす。その裏に1点を奪われたものの、直後の七回に打線がつながる。二死一、二塁のチャンスを作ると3番大音周平(理・4年)が右適時二塁打、4番井上慶秀(育・4年)が逆転の中前適時打を放つ。4番井上はこの日猛打賞の活躍で打線を牽引した。九回にも一死からこの3、4番が出塁し、6番松岡泰希(育・3年)がダメ押しの2点右適時二塁打を放った。投げては六回途中から、前日に先発したエース井澤駿介(農・3年)が登板。3回と2/3を無失点に抑える好リリーフで試合を締めた。

 

連投のエース・井澤登板(撮影:園田寛志郎)

 

 投打が噛み合った東大は見事な逆転勝ちで5年振りとなる2季連続の勝利を達成。今季はまだ6試合残っており、宮台康平(現ヤクルト)らを擁した2017年の秋季リーグ以来となる1季2勝目を目指す。

 

井手監督のコメント

2021年秋季リーグの立教は何かとんでもない2連でした。は私の現役時代に経験したことのない、五回5点差からの逆転大敗。2目も同じく私の経験したことのない、五回3点差からの逆転勝ちでした。野球の神様が気まぐれで、両チームが右往左往した訳ですが、原因はあります。点を取られた時は両チーム共、無意味な四球を数多く出しました。野球の神様はつまらないプレイに必ず罰を下すのです。今後の教訓にして行きたいと思っています」

 

大音主将のコメント

「本日の試合は序盤は失点を重ねてしまってなかなか厳しかったんですが、諦めずにバッティングの方でうまく繋いで点を取れて、最後まで粘って勝つことができて本当に良かったです。次の早稲田も同じように粘り強くって勝利を積み重ねていきたいと思いますので、今後ともどうぞ応援のほどよろしくお願い致します」

 

試合終了直後、勝利に歓喜するベンチ(撮影:園田寛志郎)

koushi-thumb-300xauto-242

タグから記事を検索


東京大学新聞社からのお知らせ


recruit
koushi-thumb-300xauto-242




TOPに戻る