SPORTS 2016年4月30日

硬式野球部 宮台投手が打ち込まれ慶大に1-6で敗北

 硬式野球部(東京六大学野球)は4月30日、慶應義塾大学との1回戦を戦い、1-6で敗れた。東大は1―2で迎えた六回表の無死一二塁の好機を逃すと、その裏に先発の宮台康平投手(法・3年)が3点を失い力尽きた。両軍は明日5月1日の午前10時半から2回戦を戦う。

 

東大|000100000|1

慶大|10100301X|6

 

 先発の宮台投手は初回、1死から二塁打2本を浴び、わずか9球で先制を許す。三回には先頭打者を死球で歩かせると、けん制悪送球と犠打で1死三塁に。次の打者の打球がレフトの前にポトリと落ち、2点目を奪われる。

 打線は四回、先頭の山田大成選手が中前打で出塁すると、盗塁とワイルドピッチで1死三塁の好機をつくる。田口耕蔵選手(育・3年)の当たりはボテボテのゴロとなるが、これが三遊間にうまく転がって内野安打となり1点を返す。

四回表、田口選手の内野安打で1点差に迫る(撮影・佐方奏夜子)
四回表、田口選手の内野安打で1点差に迫る(撮影・佐方奏夜子)

 

 東大は六回にも連打で無死一二塁とするが、後続が断たれ無得点に終わる。するとその裏、これまで毎回走者を出しながら粘ってきた宮台投手が、1死一二塁から三塁打を浴びるなどこの回3失点。打線は七回以降ヒット1本に封じられて9安打ながら1得点に終わり、エース対決で黒星を喫した。

六回裏に1死一二塁から三塁打を浴び、決定的な2点を失う(撮影・佐方奏夜子)
六回裏に1死一二塁から三塁打を浴び、決定的な2点を失う(撮影・佐方奏夜子)

 

(文・竹内暉英)

 

今季の過去の試合はこちら

→ 硬式野球部 宮台投手が毎回の13奪三振もサヨナラ負け

→ 硬式野球部、9安打放つも11残塁 8失点で2試合連続の完封負け

→ 硬式野球部 宮台投手の好投実らず、またもサヨナラ負け

→ 硬式野球部 山田選手のサヨナラ打で今季初勝利

→ 硬式野球部 山田選手が本塁打放つも、投壊で勝ち点ならず

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

SPORTS 2016年06月15日

ホッケー男子、全敗でリーグ最下位に 1部残留懸け26日に入替戦

SPORTS 2018年05月28日

硬式野球 立大に連敗し今季全敗 浜田監督「基礎体力付けに専念していく」

NEWS 2015年03月02日

東大生の65%が習っていた習い事とは?

COLUMN 2017年02月25日

【東大受験生応援連載】16年度ミス・ミスター東大から受験生へ送る応援メッセージ

SPORTS 2016年05月23日

硬式野球部 今季最終戦に敗れ、勝ち点は来季以降に持ち越し

TOPに戻る