SPORTS 2016年5月1日

硬式野球部 今季最多の4得点も、3本塁打浴び9失点で慶大に連敗

八回裏に桐生選手が適時二塁打を放ち、今季最多となる4得点目を上げる(撮影・関根隆朗)
八回裏に桐生選手が適時二塁打を放ち、今季最多となる4得点目を上げる(撮影・関根隆朗)

 

 硬式野球部(東京六大学野球)は1日、慶應義塾大学との2回戦を戦い、3本塁打を浴びるなど大量失点を喫して4-9で敗れた。東大は上位打線が好調で11安打を放ち4点を奪うも、4投手が合わせて被安打12、9失点と慶大の強力打線を止められなかった。次は5月7日の午後1時半ごろから、立教大学と戦う。

 

慶大|032012100|9

東大|001010110|4

 

 先発の柴田叡宙投手(育・3年)は初回の2死一二塁のピンチを切り抜けるも、二回に本塁打を含む4安打を浴び3点を失う。その後も代わった投手がことごとく打たれ、七回まで毎回安打を許して9点を奪われる。

 打線は三回、先頭の桐生翔太選手(経・4年)の安打から1死二塁の好機をつくると、暴投二つで1点を返す。五回にも1死一三塁から暴投で1点を奪うと、七回には2死二塁から4番の田口耕蔵選手(育・3年)が右前打を放ち3点目。八回にも2死から二者連続の二塁打で得点する。調子が上向きの打線の奮闘で11安打・4得点と共に今季最多を更新したが、失点が重くのしかかり連敗を喫した。

 

(文・竹内暉英)

 

今季の過去の試合はこちら

→ 硬式野球部 宮台投手が毎回の13奪三振もサヨナラ負け

→ 硬式野球部、9安打放つも11残塁 8失点で2試合連続の完封負け

→ 硬式野球部 宮台投手の好投実らず、またもサヨナラ負け

→ 硬式野球部 山田選手のサヨナラ打で今季初勝利

→ 硬式野球部 山田選手が本塁打放つも、投壊で勝ち点ならず

→ 硬式野球部 宮台投手が打ち込まれ慶大に1-6で敗北

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

SPORTS 2016年06月20日

東大から33年ぶりの大学日本代表 硬式野球部・宮台投手「チームの戦力に」

SPORTS 2016年09月18日

硬式野球部 今季最多6得点も九回に4失点し逆転負け

SPORTS 2017年05月07日

硬式野球 またも2桁失点で立大に連敗 今季8戦を終えて未勝利

SPORTS 2017年02月24日

データで読み解く東大のドラフト候補・宮台の現在地

NEWS 2017年09月24日

アメフト 東海大を24―14で下し開幕2連勝 後半の守備に課題も

TOPに戻る