SPORTS 2016年5月8日

硬式野球部、立大に投打で完敗 勝ち点は明日の試合で

Figure
六回表、連打を浴びた有坂投手(右)を喜入友浩選手(育・4年)が励ます(撮影・佐方奏夜子)

 硬式野球部(東京六大学野球)は5月8日、立教大学との2回戦を戦い、投打にいいところなく0-15で大敗した。東大は勝利すれば2002年以来の勝ち点だったが、投手陣が四死球10と乱れ今季最多の15失点。打線も14三振を喫して零封された。勝敗を1勝1敗とし、勝ち点を懸けて明日9日13時半ごろから立大との3回戦を戦う。

 

立大|010033602|15
東大|000000000|0

 

 先発の柴田叡宙投手(育・3年)は二回に四球と盗塁で無死二塁のピンチを招く。バントの構えを見せる相手打者に前進守備を敷くが、バスターで内野の頭を越され、先制される。さらに五回、2死から連続四球で一二塁とされると、続く打者への初球が甘く入り痛恨の3ラン。六回から登板した有坂望投手(文Ⅲ・2年)も連打で3点を失うと、七回には打者一巡の猛攻で6失点を喫し大差を付けられる。

 主軸2人がけがでスタメンから外れている打線は、相手右腕・田村伊知郎投手(4年)の最速149キロの直球を捉えられない。投手交代後の八回、九回にそれぞれ1死一二塁、1死一三塁の好機をつくるも、共に後続が断たれ完敗した。田村投手に3打数無安打に抑えられた山田大成選手(育・3年)は「今日は相手が良すぎた。今日のことは忘れて明日頑張りたい」と話した。14年ぶりの勝ち点が懸かる第3戦は明日、13時半ごろから神宮球場で行われる。

 

(文・竹内暉英)

 

今季の過去の試合はこちら

→ 硬式野球部 宮台投手が毎回の13奪三振もサヨナラ負け

→ 硬式野球部、9安打放つも11残塁 8失点で2試合連続の完封負け

→ 硬式野球部 宮台投手の好投実らず、またもサヨナラ負け

→ 硬式野球部 山田選手のサヨナラ打で今季初勝利

→ 硬式野球部 山田選手が本塁打放つも、投壊で勝ち点ならず

→ 硬式野球部 宮台投手が打ち込まれ慶大に1-6で敗北

→ 硬式野球部 今季最多の4得点も、3本塁打浴び9失点で慶大に連敗

→ 【詳報】硬式野球部、08年秋以来のシーズン2勝目 宮台選手が投打で活躍

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

SPORTS 2015年09月26日

東大アメフト 横国大破り開幕2連勝

SPORTS 2016年09月08日

【部員が見る軟式野球①】秋季リーグ開幕戦は立教と引き分け 九回に追いつく

SPORTS 2016年11月05日

陸上・近藤選手、箱根駅伝の学生連合入り 出走濃厚に

SPORTS 2016年09月03日

ラクロス男子 成蹊大を8点差で破り今季リーグ戦初勝利

COLUMN 2016年08月07日

【東大洋弓部寄稿】リオ五輪「アーチェリー」の見どころ

TOPに戻る