COLUMN 2019年9月22日

Campus Girl 髙橋明李さん(PEAK・2年)

 

 

ありのまま温和に交流

 

 幼稚園から高校まで全て異国で過ごした国際人は、2歳で中国に渡って以来の日本暮らしを楽しんでいる。人にあふれた東京のにぎやかさが気に入り、日本語よりなじんだ英語で授業が行われるPEAKを選んだ。

 

 バルセロナでの高校時代、スペイン人からは日本人と珍しがられることもあり「自分は普通な感じに振る舞わないといけない」と思っていた髙橋さん。少し変わっているというPEAK生の中で「自分はそのままでいいんだと思えました」とおっとりした様子で話す。同級生や先輩とは寮が一緒なことも多く、仲良くなりやすいのだとか。

 

 最近は国際交流の学生団体に参加したり、サークルでホルン演奏を始めたりするなど交友をPEAK生以外にも広げている。「1人でいるのが好きじゃなくて」と髙橋さん。持ち前の穏やかさはどんな環境でも人を集めるはず。

取材・撮影【綿】

同じ記者の記事

関連記事

COLUMN

東大多浪物語②

2015年02月11日

合わせて読みたい

COLUMN 2019年04月09日

国際プログラムを企画運営「STeLA」 プレフォーラム開催&スタッフ募集のお知らせ

NEWS 2015年10月06日

ノーベル物理学賞に東大、梶田隆章教授

NEWS 2017年05月27日

東大進学選択注意点 自分の意志重視の志望へ 第2段階で変更大

COLUMN 2019年05月28日

東大入学式2019・上野祝辞アンケート分析② 回答理由の記述から

COLUMN 2018年08月18日

進学選択、終わり良ければすべて良し? 志望外の進学先に新たな希望

TOPに戻る