COLUMN 2020年4月10日

【キャンパスのひと】久保田成歩(くぼた・なるほ)さん(養・3年)

※学部、学年は取材当時のものです。

 

のんびり進む自分の道

 

 仮面浪人を経て、出身高校初の東大生に。現在は非進学校出身の東大生が集まるサークル「UTFR」で活動し、地方の中高生と交流する。「周りに大学生が少ない子どもたちに、大学進学も将来の選択肢の一つに入れて欲しいのです」

 

 理Ⅰから教養学部の理系学科に進んだものの「授業が理論寄りだった」という。「理論を学ぶよりも、学んだことを現実世界でどう実践できるのか気になって」教育学部に転学部。教育実践・政策学コースで学ぶ。

 

 将来は経済や会計に関わる仕事に興味があると話す。「教育学部で得た知識は仕事に直接生かせないかもしれないけど、自分や周りの人生を濃くするために使いたいです」。教育を「上から与えるもの」ではなく「人の良い素質を引き出すもの」と捉えているそう。持ち前の広い視野で、周りの良い素質をたくさん引き出してください。


この記事は2020年3月24日号から転載したものです。本紙では他にもオリジナルの記事を掲載しています。

ニュース:新型コロナ影響各所で 入学式中止に
ニュース:感染阻止へ薬剤候補同定
ニュース:21年度推薦入試 1校当たりの推薦可能人数を拡大
ニュース:学生自治会 駒場東大前駅の安全確保要望へ
ニュース:19年度卓越研究員 公募型で8人を選出
ニュース:19年度総長賞 ピアニスト・角野さんと経・河野さんが大賞に
ニュース:東大発の2論文が米誌『PNAS』掲載
ニュース:将棋 東大生プロ棋士16年ぶり誕生
企画:退職教員最後のメッセージ(前編) 石川正俊教授(情報理工学系研究科)、月本雅幸教授(人文社会系研究科)、中里実教授(法学政治学研究科)
企画:桜とは一味違う伝統に触れて 社会文化史から再考する梅の魅力 
世界というキャンパスで:分部麻里(文・4年)⑨
ひとこまの世界:松濤美術館
キャンパスのひと:久保田成歩さん(養・3年)

※新聞の購読については、こちらのページへどうぞ。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

COLUMN 2017年12月04日

【初年次ゼミナール特集企画】受講学生の生の声 初ゼミが与えた影響とは

EVENT 2016年09月30日

現役東大生起業家による100万円を懸けた英単語選手権 全国の高校の8割以上が参加

EVENT 2017年07月01日

「世界が広がる場所」 TEDxUTokyoを7月16日に安田講堂で開催

COLUMN 2017年11月17日

【N高生のリアル⑨】「孤独な通信制」という常識を覆す Slackで育まれる友情

NEWS 2016年11月30日

文科省が大学評価を公表 英語教育に一定の評価 個人情報管理などに指摘も

TOPに戻る