LATEST NEWS 2017年11月23日

18年度東大推薦入試 出願者は微増の179人 45都道府県から出願者あり

 東大は13日の記者会見で、2018年度推薦入試の出願状況を発表した。100人程度の募集人員に対し出願書類の受取通数は全学部合計で179人で、17年度最終出願者数に比べ6人の微増。東大の担当者によると45都道府県155校から出願があり、初めて出願者を出した高校は65校だった。

 

 出願者数が倍増し初めて募集人員を上回った薬学部、昨年度比5人増の文学部・教育学部など5学部で出願者数が増加。一方、募集人員と同じ10人の出願にとどまった経済学部、昨年の8人から5人に減った医学部医学科など4学部・学科は出願者数を減らした。

 

 

 出願時点の全学部での倍率は約1.8倍。最高は教養学部の4.8倍、最低は唯一定員割れを起こした医学部健康総合科学科の0.5倍だった。医学部健康総合科学科の定員割れは初。

 

 推薦入試導入3年目にして、一度も出願者を出したことのない都道府県がなくなったことを東大の担当者は評価。「これまで出願者がいなかった県の教育委員会で説明するなど積極的な働き掛けが実った」と説明している。

 

 今後は出願資格などを審査し、書類による第1次選考の結果を12月1日に通知。12月16、17日実施の面接などと大学入試センター試験による第2次選考を経て、2月7日に最終合格者を発表する。


この記事は、2017年11月21日号からの転載です。本紙では、他にもオリジナル記事を掲載しています。

 

 

ニュース:進学選択を振り返る③ 学内の連携不完全 今後は基準点公開も視野に
ニュース:2018年度募集要項 TLPに韓国朝鮮語 理Ⅲは出願時に理由書提出
ニュース:出願者微増の179人 推薦入試 45都道府県から
ニュース:藤嶋名誉教授に文化勲章 50年前に「光触媒」を発見
ニュース:がん血管悪性化を止める酵素発見
ニュース:次世代ニュートリノ科学連携研究機構 発足式を催行 ニュートリノ研究発展へ
ニュース:東大関係者2人が受章 2017年秋の紫綬褒章
ニュース:ガラスの振動を解明 通常の固体との違い発見
ニュース:大学入試共通テスト 英語は民間の資格試験を併用
企画:滋養促進にも依存症にも エナジードリンクの光と影
企画:駅以外でも不可欠なツール 普及する交通系ICカード
世界というキャンパスで:額田裕己さん(文Ⅲ・1年)ニュージーランド編③
研究室散歩:運動生理学 石井直方教授(総合文化研究科)
東大今昔物語:1988年2月2日発行号 問われ続ける卒論の質
東大新聞オンラインアクセスランキング:2017年10月 「ボカロ」関連の記事が人気
キャンパスガール:藤末智夏さん(工学系・博士2年)

※新聞の購読については、こちらのページへどうぞ。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

INTERVIEW / OBOG 2016年02月05日

【受験生応援企画】 野球が導いた東大合格 衆議院議員 階猛さんインタビュー

INTERVIEW / FEATURE 2014年03月13日

「富士山先生」世界遺産登録で大活躍 筑波大学附属高校、田代博先生インタビュー

EVENT 2016年06月29日

東大はなぜ推薦入試を増やすべきなのか。東大教授や教育改革実践家らが激論

COLUMN 2015年01月22日

白金・中野キャンパス紹介:東大生もあまり知らないスゴいキャンパス

INTERVIEW / OBOG 2016年04月19日

16年度東大入試で著書からの出題 内田樹さん「身体的感覚を大事に」

TOPに戻る