LATEST NEWS 2018年1月5日

割れてもくっつくガラスの開発に世界で初めて成功 工学系研究科・相田卓三教授ら

 相田卓三教授(工学系研究科)らは、室温下で圧着すると断面がくっつくガラスの開発に世界で初めて成功した。研究成果は12月14日付の米科学誌『サイエンス』(電子版)に掲載された。

 

 損傷部位の自発的な修復能力は生命体の特徴だが、直近10年間に非生物でも破断した部位を修復できるゲルやゴムなどの柔らかい材料が報告された。しかしガラスなどの固い材料は、加熱・溶融しない限り修復不可能と考えられていた。

 

 今回相田教授らは、生体内の分子の表面に強く接着する「分子のり」という分子を合成する際、固い材料であるにもかかわらず室温下で数時間圧着すると破損前の強度を回復する高分子物質を発見。構造の似た物質を合成し、自己修復ガラス設計に重要な条件を解明した。


この記事は、2018年1月1日号からの転載です。本紙では、他にもオリジナルの記事を掲載しています。

 

 

インタビュー:根本かおるさん(国連広報センター所長)
ニュース:有期職員の雇用上限廃止 5年勤続で無期契約可能に
ニュース:割れてもくっつくガラスの開発に成功
ニュース:理学部1号館で人倒れ救急搬送
企画:2018年の東大を予習
企画:謹賀新年 読者の皆さまへ 本紙編集長 児玉祐基
企画:平成30年に元号の意義を考える 身近な「時代の象徴」さあ次は
企画:想像と創造は経験から 読む・詠む 短歌の魅力
東大今昔物語:1989年1月10日発行号 新年に信念持って行動
キャンパスガイ:岡田忠志さん(文Ⅰ・1年)

※新聞の購読については、こちらのページへどうぞ。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

EVENT 2015年06月25日

コンピュータの本質とは?ビジュアルプログラミング言語「Viscuit(ビスケット)」

EVENT 2015年11月13日

「人間拡張の未来を感じる」東大生の、メディアアート。-第17回東京大学制作展-

INTERVIEW / FEATURE 2015年09月10日

大学、企業、シリコンバレー、日本。エンジニアの戦い方 グリーCTO藤本真樹さん1

NEWS 2015年11月06日

ボーイング社ビジネスコンテスト、東大のチームが優勝 業務の改善法提案

COLUMN 2018年11月01日

本郷キャンパス建築めぐり 内田ゴシックの特徴を見る

TOPに戻る