SPORTS 2017年6月25日

東大ホッケー男子 駿河台大に敗れ1部昇格ならず 前半4失点響き逃げ切り許す

 ホッケー部男子(関東学生2部リーグ)は6月25日、1部7位の駿河台大学と春季リーグ1部2部入替戦を戦い、1―4で敗れた。2部2位となった東大は昨年の春季リーグ以来の1部昇格を目指したが、前半の4失点が重く響き敗れた。

 

東  大|01|1

駿河台大|40|4

 

 東大は序盤こそボールを奪い相手ゴールに迫るも、中盤以降はパスが通らずボールを支配される苦しい展開となる。前半14分にペナルティーコーナー(PC)を取られると、ゴールキーパーが一度は止めるも押し込まれて先制を許す。その後もパスがつながらず、ボールを奪ってもミスですぐに失うなどで防戦一方となり、前線へボールを運ぶこともできない。PCから追加点を許すと前半終了間際に立て続けに得点され、得点では4点リード、PC数でも東大の1に対して相手は6と、一方的展開で前半を終える。

 

前半13分、PCから先制点を奪われる(撮影・児玉祐基)

 

 後半に入ると徐々に東大がボールを奪う場面が生まれ、守備も機能し始める。すると後半19分、カウンターから前線へパスが通り、吉川剛選手(文Ⅱ・2年)が相手キーパーを交わしゴールを決める。その後も相手のミスなどから敵ゴールへ迫るが、あと一歩のところで決め切れない。結局1点しか挙げられないまま逃げ切られ、昇格の夢は来季に持ち越しとなった。

 

後半19分、吉川選手(中央)は相手ゴールキーパーと競り合い、ゴールを挙げる(撮影・児玉祐基)

 

 東大は今季、2部のBプールを無傷の3連勝で1位通過すると、6月11日にAプール2位の横浜市立大学を破り2入替戦出場を決定。6月18日の立教大学とのBプール1―2位決定戦には敗れたものの、昨年春以来の1部昇格に期待がかかっていた。

 

(文・関根隆朗)

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

COLUMN 2014年04月07日

【サークル奮闘記】東大アイスホッケー部の終わりなき挑戦

SPORTS 2016年11月04日

神宮奉納試合でヤクルトと対戦 東大から3選手が選抜入り

SPORTS 2016年10月08日

硬式野球、延長制し今季初勝利 十回に桐生選手が勝ち越し打

SPORTS 2016年06月30日

今季3勝、硬式野球部躍進の秘密と課題は?【打撃編】

SPORTS 2017年04月28日

【部員が見る軟式野球④】東大が接戦の末、明大に勝利 リーグ2位に上昇

TOPに戻る