LATEST NEWS 2019年10月24日

細胞のインフルエンザウイルスへの防御機構解明 ワクチンの改良など期待

 森山美優さん(医科学研究所博士課程=当時)らは細胞がインフルエンザウイルスの増殖を抑える仕組みを解明した。ワクチンの改良や発症の過程の理解が期待される。成果は11日付の英科学誌『ネイチャー・コミュニケーションズ』(電子版)に掲載された。

 

 DNAウイルスが細胞に感染すると、細胞内のDNAセンサーは、ウイルスが増えにくい環境をつくる機構、インターフェロン応答を誘導する。インフルエンザウイルスやEMCV(脳心筋炎ウイルス)を含む一部のRNAウイルスが細胞に感染した場合も、ミトコンドリアDNAが細胞内に放出されてDNAセンサーが機能する。しかしRNAウイルスがミトコンドリアDNAを放出させる仕組みは不明だった。

 

 森山さんらは、インフルエンザウイルスが細胞に侵入するときに必要なM2タンパク質や、EMCVの2Bタンパク質がミトコンドリアDNAの放出を引き起こすことを発見。DNAセンサーはミトコンドリアDNAを認識した後、DNAセンサーのアダプターに当たる「STING」を介してインターフェロン応答を誘導・増幅することも明らかになった。インフルエンザウイルスのNS1タンパク質がミトコンドリアDNAと相互作用し、細胞内のDNAセンサーからミトコンドリアDNAが検出されることを逃れていることも分かった。


この記事は2019年10月22日号から転載したものです。本紙では他にもオリジナルの記事を公開しています。

ニュース:変わる高校入試 中学で教育さらに高度化 中高一貫校の高校募集停止の背景
ニュース:リーグ最下位確定 硬式野球立大戦 打線振るわず連敗
ニュース:細胞のインフルへの防御機構解明
ニュース:量子コンピューター大規模化 実現へ加速
ニュース:台風19号 駒場・本郷ともに閉鎖措置
ニュース:AI技術でSNSのハッシュタグを改善
ニュース:極薄炭素層の準結晶 高速で巨大電場生成
ニュース:遠赤色光が光合成促進
ニュース:学生向けスペース「知るカフェ」駒場にも
企画:WHO,ROBOT ロボットと人の役割分担明確に 「ロボット工学三原則」に迫る
企画:音を立てるのは日本文化? 麺の食べ方巡る対立
東大新聞オンラインPICK UP:スポーツ編
東大教員と考える日本の問題:「日本社会と外国人」石田賢示准教授(社会科学研究所)
地域の顔 本郷編:わだつみのこえ記念館
キャンパスガール:戸倉佳音さん(理Ⅱ・1年)

※新聞の購読については、こちらのページへどうぞ。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

NEWS 2016年10月30日

若手研究者を支援する「卓越研究員」制度を開始 選出20人を公表

EVENT 2019年06月14日

教養学部創立70周年記念シンポジウム「学際知の俯瞰力―東京大学駒場スタイル」を7月7日(日)駒場Ⅰキャンパスで開催

NEWS 2019年10月25日

遠赤色光が植物の光合成の効率を上昇

COLUMN 2019年08月19日

Take a Walk through Todai’s Campuses with Dr. Thurgill #3 Building 1, Komaba Campus

NEWS 2019年08月14日

「若手研究者・学生への支援を充実」 目白台インターナショナルビレッジ

TOPに戻る