LATEST NEWS 2020年2月11日

就職内定状況調査 国公立大では過去最高の89.7%

 

 文部科学省と厚生労働省は1月17日、2020年3月卒業予定の大学生の就職内定率(12月1日時点)を発表し、国公立大学に限った就職内定率は、過去の同期の調査と比べて最も高い89.7%だった。昨年度の87.9%に引き続き、2年連続で過去最高を更新した。私立大学は、過去最高を記録した昨年度の87.9%から1.6ポイント下がり、86.3%だった。

 

 大学全体での就職内定率は87.1%。過去最高を記録した昨年度から0.8ポイント下がった。男女別では、女子が昨年度から0.1ポイント増加の88.6%となり、2年連続で過去最高を更新。うち国公立大の女子は91.7%と初の9割台に突入した。男子は昨年度の87.5%から1.7ポイント減の85.8%。文理別では、文系は86.9%(昨年度比0.8ポイント減)で、理系は88.1%(同0.9ポイント減)だった。

 

 両省は、併せて就職希望率も公表。大学生全体では79.4%、男子で74.2%、女子で86.6%となり、いずれも過去最高となった。国公立大では過去最高の58.0%、私立大では昨年度比0.3ポイント増の90.0%となった。

 

 本調査は96年度に始まったもので、今回は全国の大学・短期大学・高等専門学校・専修学校112校の6250人を対象とした。就職希望者に占める就職内定者の割合を就職内定率としている。


この記事は2020年2月4日号から転載したものです。本紙では他にもオリジナルの記事を掲載しています。

インタビュー:岩手の復興と共に走る 「ふるさとに貢献したい」三陸鉄道社長の思い 中村一郎さん
ニュース:オリ委員会 女子学生入会制限サークルを規制
ニュース:就職内定状況調査 国公立大では過去最高の89・7%
ニュース:JAL・香港大と連携協定 東文研 人材育成や社会課題解決へ
ニュース:単一マグノン検出技術を開発
企画:早急な実態把握と対策を 「就活セクハラ」から学生を守れ
企画:紙上OB・OG訪問 東大出身者に聞く
企画:東大卒子育て世代の活躍を 『先を恐れず夢を抱け』
企画:東大の多様性担保に貢献 東大卒が地方公立高の可能性を高める
地域の顔 本郷編:本郷消防団第三分団:
キャンパスのひと:江田和音さん(文Ⅲ・2年)
広告:東大出身の社員に聞く 大学での学び、どう生かしますか?
広告:パソコンの中にロボット? RPA大手UiPathが目指す未来とは

※新聞の購読については、こちらのページへどうぞ。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

NEWS 2018年07月03日

2017年度就職状況 外資系コンサル躍進 三大銀行は上位堅持

COLUMN 2019年09月02日

「学歴社会」は本当か 採用に用いられる学歴フィルターとは

NEWS 2019年07月19日

18年度就職状況 院生で日立製作所が3年ぶり1位 コンサルは順位変動大

TOPに戻る