LATEST NEWS 2020年2月25日

学部留学生の相談相手が不在か 学生生活実態調査の結果公表

 東大は、2018年に学部生を対象に実施した学生生活実態調査の結果を昨年12月1日付で公表した。今回の調査では従来の日本人学部生・国内に生活拠点を持つ外国籍学生への調査に加えて、東大の学部に留学している学生向けの調査を初めて実施。学部留学生の生活の特徴が浮かび上がるとともに、日本人学部生の学生生活との違いが明らかになった。

 

 18年の調査から開始された「留学生生活実態調査」では、多くの質問項目が日本人学生・国内に生活拠点を持つ外国籍学生向けの調査(基本調査)と共通するが、留学生向け独自の項目も設けられた。独自項目では留学生の生活実態把握のために必要な内容を扱っている。

 

 留学生向け調査の対象となったのは、交換留学などではない正規留学の学部生のみ。対象者数は東大に在籍する留学生全体の約8.5%に当たる286人で、回答したのは100人(回答率35.0%)だった。なお、基本調査の対象者は3359人、うち35.5%に当たる1194人が回答した。

 

 基本調査と留学生向け調査の比較から、調査を行った学生委員会学生生活調査WG(WG)は学部留学生の主な特徴として①学業をその他の活動よりも優先する②多くが入学時に後期課程での専攻を決めている③親や同国人以外の相談相手が不在で、インターネットを長時間利用する傾向がある④学内の相談施設などの認知度や利用頻度が高く、要望も多い⑤生活費を切り詰める可能性がある    の5点を挙げている。

 

 ①について、基本調査に回答した学生のうち「アルバイト・仕事」「サークル・クラブ活動」に費やす時間については、週に「1〜5時間」と答えた人がそれぞれ31.8%、30.2%で最も多かった(図1)。一方「授業とは関係のない学修」を週に1時間も行わない人は33.7%だった。これについてWGは「学習時間の絶対量が少ないのではないか」と評している。対して、留学生が「アルバイト・仕事」「サークル・クラブ活動」に費やす時間については、週に「0時間」と答えた人がそれぞれ42.0%、44.0%で最も多かった。「授業とは関係のない学修」に費やす時間を「0時間」と答えた人は17.0%だった。

 

図1

 

 ③については、不安や悩みを感じたときの相談先として父・母に「よく相談する」「時々相談する」と回答した学生は、基本調査では合計44.0%だった一方、留学生向けの調査では合計64.4%と約20ポイントの違いがあった(図2)。留学生からの回答では父・母の他「大学内学科研究室同国人友人」や「学外同国人」への相談が比較的多かった。

 

図2

 

 学生生活実態調査は毎年1回行われ、今回で68回目となる。08年の調査から学部生と大学院生が毎年交互に調査対象となっている。


この記事は2020年2月11日号から転載したものです。本紙では他にもオリジナルの記事を掲載しています。

ニュース:学部留学生の相談相手が不在か 学生生活実態調査の結果公表
ニュース:先端研 物流3社が講義開始へ 「高度物流人材」育成目指す
ニュース:「piRNA」産生を試験管内で再現
ニュース:50代男性教授 セクハラで停職処分
ニュース:新型コロナウイルス 受験生への対応を検討
ニュース:日本学術振興会 育志賞に東大生4人 有望な博士課程学生を表彰
ニュース:液体の水の中には2種類の構造が存在
ニュース:宇宙の生命誕生 現実的シナリオ発見
企画:社会変化に合わせた対応を 選択的夫婦別姓導入の障壁とは
企画:大学観光の課題と可能性 観光地化する本郷キャンパス
研究室散歩:@生物物理学 澤井哲教授(総合文化研究科)
サーギル博士と歩く東大キャンパス:⑥駒場Ⅰキャンパス数理科学研究科棟
世界というキャンパスで:分部麻里(文・4年)⑧
キャンパスのひと:中嶋理沙さん(文Ⅲ・2年)

※新聞の購読については、こちらのページへどうぞ。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

COLUMN 2017年02月03日

見過ごされるハラスメント【調査報道:ブラックラボとは何か②】

NEWS 2020年03月12日

オリ委員、サークルなどが新歓活動を行う「テント列」の中止を発表 

COLUMN 2018年04月20日

【新入生アンケート2018 ①受験】 56%が入試解答非公表を支持

INTERVIEW / OBOG 2016年04月19日

16年度東大入試で著書からの出題 内田樹さん「身体的感覚を大事に」

SPORTS 2017年03月29日

【部員が見る軟式野球①】慶大に1―3 春季リーグは黒星スタート

TOPに戻る