LATEST NEWS 2020年5月22日

クラスサポーター 教員の需要上回る志願者数

 東大が4月16日に立ち上げた、学生がオンライン授業の進行を支援する「クラスサポーター制度」について、東大は1日時点で教員の需要に対して学生の志願者数が多いことを明らかにした。

 

 クラスサポーター制度は、東大内のオンライン授業検討会という組織で承認された制度。各部局で配置されるティーチングアシスタント(TA)の募集は通常3月末時点で終わっており、オンライン化を急きょ実現しなければならない状況に対して、全ての授業に支援が必要と考えられたため設置された。

 

 サポーターとなる学生は1授業当たり1人割り振られる。主な仕事は、授業時間外に教員と授業の事前練習をしたり、授業中に声が聞こえないなどの基本的なトラブルに反応して介入したりすること。ITに習熟している必要はなく、1授業当たり1万3千円の謝金が8月以降に本部予算から支払われるという。20日には、サポーターや志願者などを対象に、制度の概要などを説明する研修会がオンラインで実施される。

 

 同制度は、教員自ら学生を見つけるか、マッチングを希望するかの2通りで実施される。マッチング希望では、志願している学生から授業の曜限など、教員の条件を満たした学生をマッチングして割り当てる。東大大学総合教育研究センターの栗田佳代子副センター長によると、1日現在、教員の要請のもとに働く学生は約250人、マッチングがなされた学生は7人いるという。学生の志願者は約100人、教員からのマッチング申請は13件と、志願者数が需要を上回る状況となっているが、栗田副センター長は「この状況を知ればより多くの教員から希望があるのではないか」としている。


この記事は2020年5月19日号から転載したものです。本紙では他にもオリジナルの記事を掲載しています。

ニュース:偶然の出会い、自宅からでも 学生発・オンライン交流の場が続々
ニュース:新型コロナ 東大病院など、陽性患者へ特定臨床研究開始
ニュース:東大、新規二つを含む計五つの支援策を提示
ニュース:東大、国と東京都の基準に沿って行動制限維持
ニュース:総合図書館、資料貸し出しと複写物提供を開始
ニュース:高い教員自給率の弊害 東大外の人材導入で自由な研究を
ニュース:クラスサポーター 教員の需要上回る志願者数
ニュース:小惑星の軌道を微粒子から検証
企画:コロナに揺れる日本経済 東大教員が分析する今までとこれから 
企画:うちで過ごそう 今見たい韓国映画3選
研究室散歩:@国文学 田村隆准教授(東大大学院総合文化研究科)
サーギル博士と歩く東大キャンパス:⑦オンライン授業 前編
100行で名著:『旅をする木』星野道夫著
キャンパスのひと:豊岡正梧さん(文Ⅰ・2年)

※新型コロナウイルス感染拡大防止対策のため、STORES.jpのオンラインストアを休止しております。申し訳ございません。
定期購読の方には登録されたご住所に届けられますが、物流の混乱で遅れが発生する場合がございます。
あらかじめご了承ください。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

EVENT 2017年11月03日

東大ガールズハッカソン2017 東大女子26人が2日間プログラミングに向き合う

EVENT 2016年09月21日

[TODAI WALKER]東大イベント情報2016年9月21日

COLUMN 2020年01月12日

Campus Guy 佐々木將至(ささき・まさし)さん(文Ⅱ・1年)

COLUMN 2020年03月28日

アメフト日本代表唐松さん寄稿「アメリカンフットボールで人生が捻れた話」

COLUMN 2017年02月27日

【東大受験生応援連載】合格後のスケジュール 計画的に入学準備を進めよう

TOPに戻る