EVENT 2018年4月9日

「東大生よ、神宮に集え!」4月14日六大学野球開幕戦で、硬式野球部・応援部主催の学生無料招待試合開催

(硬式野球の応援風景・写真は応援部提供)

 

 今年も東京六大学野球の季節がやって来た。この春卒業した宮台康平投手がプロ入りし、注目が集まる硬式野球部。4月14日に行われる東京六大学野球の春季リーグ開幕戦で、慶應義塾大学と対戦予定だ。

 

 硬式野球部・応援部は14日の開幕戦で、東大生を無料で招待するイベントを実施する。さらに、クラスで応援に参加すると景品や写真撮影、五月祭でのクラス出店宣伝など豪華特典もついてくる。14日は神宮球場で、硬式野球部を応援しよう!

 

「どうして東大生が来ないのか」

イベント主催の応援部主将・酒井泰斗さんの話

 

――このイベントを企画・主催したきっかけは

 他大学に比べると、試合観戦に来る東大生の数はさほど多くありません。東大生が、ほかならぬ「東京大学の学生」であることを実感することができるようなイベントがないことに問題意識を持っていました。東大生が同じ大学の仲間を応援し、隣の東大生と声を出して喜びあう、一体感を感じられる場所があればどんなに幸せなことだろうかと思ったのがきっかけです。そして応援部として何かできることはないかと考えたとき、運動会の試合を東大生が集まるコミュニティとして発展させていけるのではないかと思いつきました。

 

――応援部が今後目指していきたいことは

 そもそも観戦に来る東大生が多くないのは、東大に対する帰属意識が薄いからかなと思っています。優秀な学生ほど、自分で道を開いてきたという感覚が強い。あまり東大生であることを大っぴらにはしたがらないですよね。それも決して悪いことではないと思います。ただ同時に東大生同士のつながりが深まり、東大全体としてのコミュニティができれば、東大内にとどまらず、東大から社会に、よりさまざまなものを発信していけるのではないかと思います。今回の企画にとどまらず、東大生の一体感を作っていけるよさまざまな働きかけを行っていきたいです。

 

 一体感を作り出すためには、東大生をまとめるシンボルとなるものが必要です。その一つに、応援歌や東大運動会の試合はなれる魅力があると思います!

 

 運動会の試合観戦は本当に楽しく、刺激的なものが多いです。ぜひ14日は明治神宮球場で開幕戦を観戦し、応援の楽しさ、そして東大生の一体感を味わってみてください!

 

 

<開催概要>

日時:2018年4月14日(土)10:15開会式開始

場所:明治神宮野球場三塁側11番ゲート(東京メトロ銀座線外苑前駅より徒歩5分)

参加方法:学生証を11番ゲート入口で見せてください。

参加費:学生無料

 

<クラス参加特典>

  • 豪華景品:抽選でアマゾンギフトカード1万円分をはじめとする豪華景品をゲット
  • 記念写真撮影:クラス写真を応援部員が撮影。フェイスシールも無料で配布
  • 五月祭の宣伝:フォロワー5000人の応援部ツイッターにて、来てくれたクラス限定で出店の宣伝を実施

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

SPORTS 2017年04月15日

硬式野球 40歳・伊藤投手が神宮デビュー フレッシュリーグで1回4失点

SPORTS 2016年10月23日

硬式野球、打線振るわず法大に連敗 1勝10敗で最下位確定

COLUMN 2015年05月05日

「来年こそは」で終わらせない 〜東商戦勝利の先に見据える、日本一という目標〜

SPORTS 2014年09月26日

七大戦準優勝 東北大と接戦の末

SPORTS 2016年06月09日

硬式野球部 宮台・田口選手が大学日本代表の候補入り

TOPに戻る