LATEST NEWS 2014年7月23日

学術論文に軽減税率を 国立大学図書館協会が要請

東大附属図書館などが加入する国立大学図書館協会は早稲田大学図書館長などとともに10日、学術情報資料に対する消費税軽減税率の適用を政府に要望した。15日には、日本書籍出版協会に、消費税増税などで学術情報資料の収集が困難になっていることを説明した。

学術情報資料の消費税軽減税率の要望の背景には、消費税率の上昇だけでなく、急激な円安による海外の学術情報資料の値上げもある。記者発表では、国内外の学術情報資料の安定的収集が困難になっていると指摘。これまで消費税課税対象外だった海外の学術情報資料が課税対象となる可能性についても懸念の意を示している。

近年では学術研究の成果の掲載は電子ジャーナルが主流となりつつある。だが、電子ジャーナルは大手出版社の寡占市場となっているため値上がりが続き、大学の経営問題の一つになっている。国立大学図書館協会は、学術情報の量が増加する中で、主な流通媒体である電子ジャーナルの価格も平均年7・8%上昇していることを示した。

News.png

この記事は2014年7月22日号からの転載です。紙面では他にも独自の記事を掲載しています。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

NEWS 2014年09月04日

1兆分の1秒以下で1コマを撮影可能 世界最高速の連写カメラを開発

NEWS 2016年12月11日

総合図書館の利用制限、反対する学生有志が文科省で会見 「段階的工事を」

NEWS 2014年05月12日

ニコニコ超会議は、学問を身近にする

NEWS 2016年11月23日

2016年秋の紫綬褒章 工学系研究科の3教授が受章

NEWS 2016年11月16日

さらなる論文不正疑惑で本調査へ 150日以内に判断

TOPに戻る