COLUMN 2018年11月21日

【駒場祭おすすめ企画】東京大学キムワイプ卓球会 実験道具でまさかのスポーツ

東京大学キムワイプ卓球会

@第一体育館2階卓球場(23日・24日)

第一体育館1階剣道場(25日)

23日・24日 終日

25日 午後0時30分~

 

 身動きが取りづらい駒場祭の人混みにうんざりして体を動かしたくなったら、卓球場(25日は剣道場)に足を運んでみよう。卓球台が置かれ、ピンポン玉が目まぐるしく動く。しかし、普通の卓球とは何かが違う。ラケットとネットをよーく見てみると、そこにあるのはキムワイプを入れる箱──。

 

ラケットもネットもキムワイプ。部員(右)の服もキムワイプTシャツだ

 

 東京大学キムワイプ卓球会が主催するキムワイプ卓球の体験会では、実験時に液体の薬品などを拭き取る理系学生の必携品・キムワイプの箱をラケット代わりにした「キムワイプ卓球」を楽しめる。友達同士対戦するもよし、部員に戦いを挑むもよし。キムワイプ卓球のためだけに、駒場祭に足を運ぶ人もいるという。

 

 ルールは通常の卓球と変わらないが、ラケットの違いからキムワイプ卓球ではボールが弾みにくい。「弾まないボールに慣れることが大事です」と代表の鈴木凌斗さん(理Ⅰ・2年)は解説。腕を伸ばさないと返球しにくいネット際にボールを落とす戦略も有効だ。

 

 24日の午前11時からは、キムワイプ卓球大会を実施。キムワイプを製造するメーカー・日本製紙クレシアから提供される、キムワイプTシャツやキムワイプボールペンなどのキムワイプグッズが景品や参加賞として贈呈される。今年は、堅固な化学強化ガラス「ゴリラガラス」を製造するコーニングが協賛として加わりいっそう豪華に。「景品はほとんど非売品。日頃なかなかお目にかかれないグッズが並びます」

 

 駒場祭で使用するキムワイプは実に100箱。3色の色違いも含め、大量のキムワイプの箱が卓球場に並ぶ姿は圧巻だ。「日本最大のサイエンティフィック・スポーツ団体」の本気をご覧あれ。

 

積み上がる圧巻のキムワイプ

この記事は、2018年11月13日号に掲載した記事の転載です。本紙では、他にもオリジナルの記事を掲載しています。

インタビュー:好奇心をクイズに生かす 三浦奈保子さん(タレント)
ニュース:全勝対決制し昇格へ前進 アメフト横国大戦 第4Qで逆転
ニュース:植物の乾燥耐性向上へ 理研や農・篠崎教授ら
ニュース:金子名誉教授に文化勲章 租税法で功績
ニュース:情報セキュリティ教育 未受講でWiFi停止
企画:〜迷ったらここに行こう〜 編集部厳選 おすすめ企画11
企画:女子学生21人がアプリ開発に挑戦! 東大ガールズハッカソン2018
企画:個性豊かな10人の候補者が大集合 駒場祭3日目開票 ミス&ミスター東大コンテスト
駒場Ⅰキャンパスマップ
キャンパスガイ:細江塔陽さん(文Ⅱ・2年)

※新聞の購読については、こちらのページへどうぞ。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

SPORTS 2018年12月28日

【東大スポーツ2018総括】ヨット部クルーザー班 世界との差、実感

SPORTS 2016年10月11日

ラクロス男子、7年連続の決勝トーナメント決定 リーグ最終戦で青学大に快勝

NEWS 2018年10月04日

UTokyo WiFi 7号館に不満集中 学生と大学の間に認識の違いも

COLUMN 2018年11月20日

【駒場祭おすすめ企画】ジブン×ジンブン 人文学で価値観を相対化せよ

NEWS 2016年06月17日

五輪へ選手強化目指す 東大のスポーツ研究拠点式典に大臣2人が出席

TOPに戻る