SPORTS 2016年9月3日

ラクロス男子 成蹊大を8点差で破り今季リーグ戦初勝利

第1Q終盤に恩田選手(#20)が試合の均衡を破るゴールを決める(撮影・横井一隆)
第1Q終盤に恩田選手(#20)が試合の均衡を破るゴールを決める(撮影・横井一隆)

 

 ラクロス部男子(関東学生1部リーグ)は8月24日、リーグ第2戦を成蹊大学と戦い13―5で勝利した。相手の守備を崩すパスと正確なシュートで、第1クオーター(Q)後半からリードを広げた。2試合を終えて1勝1敗で、2敗目を喫すると6チームによるブロックで2位以上に与えられるFINAL4(決勝トーナメント1回戦)出場権獲得が遠のく状況。残りのリーグ戦全勝を目指し、次は9月3日に一橋大学と第3戦を戦う。

 

東 大|3424|13

成蹊大|1211|5

 

 開始から約3分で東大が先制するも、直後に成蹊大の低めに放ったシュートをゴーリーが止め切れない。その後はお互いシュートを打つも決まらない展開だったが、第1Q終盤にゴール前の丁寧なパス回しからノーマークの恩田将維選手(工・4年)が走り込みシュートを決め均衡を破り、大霜潤也選手(工・4年)が追加点を挙げる。第2Q開始直後にゴーリーとの一対一から成蹊大に得点を許すも、ゴール裏などを活用したパス回しから大霜選手が1点、三島魁選手(経・4年)が2点を決め、第2Q中盤までに4点差を付ける。

 

 しかし、第2Q後半から成蹊大がボールを奪い試合展開を有利に進める。正面から走りんできた成蹊大の選手に勢いのまま突破されゴールを許すと、ますます防戦に。しかし、ゴーリーの尾越諒太郎選手(工・4年)がナイスセーブを見せるなど東大が堅守を発揮し、第2Q終了間際に主将の品川康宜選手(法・4年)がロングシュートを決め悪い流れを断ち切る。第3、第4Qでは2点失うも、ゴール裏まで使う広いパス回しにより成蹊大ゴールの目の前でマークから外れた三島選手が2得点するなど、パスで相手を手玉に取ることに成功。8点差で大勝した。

 

三島選手(左から2人目)は合計4得点。ゴーリーと一対一の状況下で小さい動きから勢いのあるシュートが光った(撮影・横井一隆)
三島選手(左から2人目)は合計4得点。ゴーリーと一対一の状況下で小さい動きから勢いのあるシュートが光った(撮影・横井一隆)

 

 東大は試合全体を通して、パスでノーマークの選手をつくり、ゴールの枠内を捉えた正確なシュートで得点を重ねた。試合が均衡状態のときもシュートの正確さが上回る東大が先に得点して流れをつかむ形となった。一方、長身で体格の良い選手や足の速い選手を止められず、あっさりとシュートを許す場面が目立つという課題も出た。東大はFINAL4出場を目指し、9月3日に一橋大と第3戦を戦う。

 

(文・横井一隆)

 

【関連記事】

ラクロス男子、体格で上回る相手に苦戦 米・ホフストラ大に敗北

ラクロス男子 序盤の失点響き、開幕戦で慶大に4点差完敗

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

SPORTS 2018年10月01日

ラクロス男子 一橋大を1点に抑え快勝 無敗で予選リーグ1位通過決める

SPORTS 2016年06月20日

東大から33年ぶりの大学日本代表 硬式野球部・宮台投手「チームの戦力に」

EVENT 2018年04月09日

「東大生よ、神宮に集え!」4月14日六大学野球開幕戦で、硬式野球部・応援部主催の学生無料招待試合開催

SPORTS 2015年09月21日

東大硬式野球 終盤に粘り切れず、開幕カード連敗

SPORTS 2019年09月02日

アメフト リーグ戦初戦は惜敗 昨季関東王者に善戦も最後は突き放される

TOPに戻る