LATEST NEWS 2016年10月12日

東大法科大学院に3年連続で最高評価 分類ごとに補助金を傾斜配分

figure1

 

 文部科学省は9月26日、司法試験合格率の実績などに基づいて全国41校の法科大学院を5段階で分類した結果を公表し、東大は3年連続で最高評価を受けた。各法科大学院の実績や取り組みの評価に応じて、補助金が傾斜配分される。

 

 東大法科大学院は2016年度までの累計司法試験合格率が一橋大学の80・9%に次ぐ78・4%で、平均の51・0%を大きく上回った。入学者選抜の倍率が2倍以上であることや、定員数230人をほぼ満たしていることなども高い評価を受けた。

 

 今回最高評価を受けたのは、一橋大学・京都大学・慶應義塾大学など東大を含めて9校(図)。今後、法学未履修者への教育の充実や海外留学の促進といった個別の取り組みに対して追加される評価と合わせ、配分額が決定される。

 

定員目標達成で制度見直しへ

 法科大学院への予算を傾斜配分するこの制度は、志望者数の減少などを背景として、法科大学院の自主的・先進的な改革を支援することを目的に15年度予算から適用されている。文科省は目指すべき法科大学院の定員規模を2500人程度と設定していたが、来年度の入学定員が2566人と達成する見込みとなった。目標達成を踏まえ、文科省は入学定員の充足率を評価基準から削除するなど制度の見直しを進める方針だ。

 

【関連記事】

司法試験合格発表 東大法科大学院は合格者数・合格率共に過去最低

 


この記事は、2016年10月11日号からの転載です。本紙では、他にもオリジナルの記事を掲載しています。

2776_10_11pop622

ニュース:大隅東工大栄誉教授にノーベル賞 「オートファジー」を解明 一時は東大で研究
ニュース:決勝T1回戦に進出 ラクロス男子 青学大に7点差快勝
ニュース:硬式野球 打線沈黙で連敗 2戦でわずか2得点
ニュース:農・磯貝教授に本田賞 東大からは初
ニュース:大隅栄誉教授ノーベル賞 細胞が自身のタンパク質分解 「オートファジー」とは
ニュース:東大法科大学院 3年連続で最高評価 分類ごとに補助金
ニュース:七大戦閉会式 主管校優勝で東大歓喜
ニュース:第55回七大戦 結果一覧
企画:「EU離脱」から国民投票を考える
企画:朝ご飯、食べていますか? 考えて充実させよう
東大新聞オンラインアクセスランキング:2016年9月
東大発ベンチャー:コンシェルジュ
東大今昔物語:進振り結果に歓喜の声
地域の顔 本郷編:MEGRO
キャンパスガール:吉澤和子さん(理学系・修士1年)

※新聞の購読については、こちらのページへどうぞ。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

INTERVIEW / FEATURE 2018年02月21日

【受験生応援2018】ミス&ミスター東大2017から受験生へ

NEWS 2018年05月02日

大学入学共通テスト 英語民間試験を入試に活用へ 方針を転換

COLUMN 2018年05月21日

【推薦の素顔】鈴木光さん 「何でもやってみる」国際派

NEWS 2015年03月02日

東大生の65%が習っていた習い事とは?

NEWS 2014年03月12日

前期合格発表 掲示実施されず 合格最低点、文科各類軒並み低下

TOPに戻る