LATEST NEWS 2017年1月20日

東大法科大学院に全国4番目の配分率 国際化教育などに評価

文部科学省は12月26日、法科大学院の取り組みを評価し、補助金配分率を決める「法科大学院公的支援見直し強化・加算プログラム」の2017年度審査結果を公表した。東大法科大学院は昨年度に続き国際化の取り組みなどが評価され、全国で4番目に多い125%の補助金配分率を獲得した。最高は早稲田大学法科大学院の140%だった。

 

 東大は「東アジア法の理解を通じた多面的・創造的な法律家の育成」「海外派遣などによる国際的・先端的な活動領域の開拓」「英語での授業の充実による国際的な法律家の育成」の三つが、国際化に対応する「卓越した優れた取り組み」として高く評価された。

 

 東アジア法では中国を中心とするビジネス・企業法務に関わる授業や、東アジア諸国から教員を招いての授業を開講した。海外派遣では修了者約10人が国連などの国際機関や欧米の著名な法律事務所で1カ月前後研修する機会を提供。英語授業の充実については、米コロンビア大学・ミシガン大学の教員による授業「英語で学ぶ法と実務」を開講し、8月には外国人教員が6日間程度の集中講義を行うサマースクールを開催した。

 

 また「特に優れた取り組み」としては、体系的研究に裏付けられた教育や、その持続的発展のために将来の研究者を養成する取り組みが評価対象に。法律雑誌の編集を通じた問題発見・分析能力の育成や、若手研究者への支援などの法学教員養成事業が認められた。

 

 プログラムは予算の傾斜配分による、組織見直しの促進・先導的取り組みへの支援を目的に15年度予算から実施。補助金配分率は司法試験合格率などの指標で3類型に分けられる「基礎額算定率」と、今回の審査結果による「調整後加算率」の合計値で決定する。東大は基礎額算定率が最大評価の90%だったが、調整後加算率は早大より15%低い35%だった。

 

 全国の法科大学院の17年度入学定員が目標の2500人に達したことを受け、18年度予算では基礎額の設定方法が見直される。定員充足率を指標から削除し、夜間開講の状況を全ての法科大学院で加点要素に。社会人学生への教育支援を重視し、法科大学院の機能の多様化を目指す。

 


この記事は、2017年1月17日号からの転載です。本紙では、他にもオリジナルの記事を掲載しています。

2788_1_17pop622

ニュース:「生活苦しい」25%超 暮らし向きが悩みに影響 大学院生を対象 学生生活実態調査
ニュース:利用制限に代替措置 総合図書館 意見踏まえ改善へ
ニュース:日本学術振興会賞 史上最多の8人が受賞
ニュース:東大など6大学がデータ研究教育拠点に
ニュース:新学務システム「UTAS」稼働開始を延期へ
ニュース:東大ローの補助金全国4位 国際化教育などを評価
ニュース:東大生のプライドの根源とは? 工学部、講演会を実施
ニュース:アメフト部、新体制へ 来季の上位昇格目指す
ニュース:みかん愛好会 受験生の合格祈願 いい予感売ります
企画:新聞が生き残るためには? 型にはまらず強みを生かせ
企画:「困難迎えれば誰でもヒップホップできる」 ヒップホップ特集第1弾 東大中退ラッパーを直撃
東大新聞オンラインアクセスランキング:2016年
研究室散歩:@ロボット工学
こんな所に東大が:ドラマの中にも東大が
キャンパスガール:柏崎麗子さん(理Ⅱ・2年)

※新聞の購読については、こちらのページへどうぞ。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

COLUMN 2014年04月04日

灘中入試の算数はなぜこんなにも難しいのか?

COLUMN 2017年03月03日

【東大受験生応援連載】第二外国語を決めよう!履修者から見たロシア語の姿

NEWS 2015年08月10日

東大 推薦入試の募集要項発表 11月2日から受け付け

COLUMN 2016年02月11日

受験生応援! 君が通う街 東京案内 電車編②

COLUMN 2016年02月24日

東大生に聞いた受験当日の感想〈国語・数学編〉

TOPに戻る