EVENT 2016年9月30日

現役東大生起業家による100万円を懸けた英単語選手権 全国の高校の8割以上が参加

 宇佐美峻さん(工・4年)が代表取締役社長を務める株式会社mikanは10月1日から、全国の高校生が優勝賞金100万円を懸けて英単語力を競い合う大会を開催する。mikanによると、全国約5000の高校のうち8割以上の4379校が既に参加登録済。同社が運営する英単語アプリ「mikan」を用いて、英単語の学習量などを争う。

 

 大会は2回目の開催で、学習管理SNSを提供するスタディプラス株式会社協力のもと「第二回 全国高等学校英単語選手権」Studyplus杯として行われる。第1回は今年5月中旬~7月上旬に開催され、三重県の暁高校が全国優勝を果たした

 

昨年度の表彰式で記念撮影する宇佐美さん(右端)と高校生ら(写真はmikan提供)
昨年度の表彰式で記念撮影する宇佐美さん(右端)と高校生(写真はmikan提供)

 

 大会には、高校生であればmikanから自分の高校に参加登録できる。登録された生徒が1単語学習するごとに、生徒の所属する高校に1ポイントを加える。高校単位での獲得ポイントなどを争う予選大会を10月31日まで実施。11月1~7日の決勝大会では期間中に英単語力を試す実力テストも行い、優勝校を決定する。個人対抗戦やOB/OG対抗戦も用意されている。

 

figure2
mikanの操作画面。単語を「知らない」「知ってる」に振り分ける(画像はmikan提供)

 

 mikanは、宇佐美さんが開発し2014年に無料公開したスマートフォン向けの英単語アプリ。知っていたら右へ知らなかったら左へカードを分けることで知らない単語のみが繰り返し表示され、効率的に学習できるよう設計されている。

 

【関連記事】

東大工学部生が作った英単語アプリmikan

東大生に起業家たちがレクチャー「成長する人とそうでない人の簡単な見分け方」

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

NEWS 2015年11月06日

ボーイング社ビジネスコンテスト、東大のチームが優勝 業務の改善法提案

INTERVIEW / PROFESSOR 2014年11月18日

SCHAFT開発とGoogleの買収、ロボットビジネスの今 稲葉雅幸教授インタビュー2

EVENT 2015年05月12日

第88回五月祭 ニコニコ生放送!

INTERVIEW / FEATURE 2015年02月28日

Pepperがルンバに掃除をさせる日は、そう遠くないかもしれない

COLUMN 2014年04月04日

灘中入試の算数はなぜこんなにも難しいのか?

TOPに戻る