SPORTS 2018年11月29日

【部員が見る軟式野球2018秋⑪】新人戦初戦 投打がかみ合い2ー1で勝利

秋季阿久澤杯第1戦vs明治大学(10月23日)

 

明大 0 0 0 0 0 1 0 0 0 | 1

東大 1 0 0 0 0 0 1 0 × | 2

 

 1、2年生のみのチームでトーナメント方式で争われる秋季阿久澤杯(新人戦)の初戦。優勝を目指す東大は、今季リーグ戦優勝の明治大学と対戦した。東大は先発に小川(文Ⅱ・2年)を送り出す。

 

先発して7回1失点の好投を見せた小川投手(写真は軟式野球部提供)

 

 試合は一回裏から動き出す。東大の先頭打者保知(文Ⅱ・2年)が四球を選び出塁、その後二番青木(文Ⅰ・2年)の見事な犠打で進塁すると、二死となるも四番川野輪(理Ⅰ・1年)が適時二塁打を放ち先制に成功する。投げては先発の本格派右腕、小川が五回まで安打を許さない投球で明治打線に得点を与えない。

 

 しかし六回表、明治大学に初安打が飛び出すと、失策と不運な安打によって同点に追いつかれてしまう。七回から継投に入った明治大学は、投手に今季のリーグ戦でも活躍を見せた橋本を送り出す。なんとしても得点したい東大はその七回裏、四球と安打で出塁した走者を犠打で進め一死二・三塁の好機を作ると、代打赤羽(理Ⅰ・1年)のエンドランで勝ち越しに成功する。

 

 八回、九回は抑えの田中(理Ⅰ・2年)が反撃を試みる明治打線を封じ込め、東大が見事勝利した。この結果、東大は二回戦に駒を進めることになった。

 

先制の適時二塁打を含む2安打を放って勝利に貢献した川野輪選手(写真は軟式野球部提供)

 

 少ない安打ながらも投打のかみ合った東大。二回戦の法政大学は今季のリーグ戦で勝てていないが、チーム一丸となって勝利し、優勝を果たしたい。

 

文責:軟式野球部 田中仁樹(理Ⅰ・2年)

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

SPORTS 2017年05月21日

硬式野球 法大先発の前に散発4安打完封負け 10戦全敗で今季の全試合終了

NEWS 2018年11月08日

プロゴルファー・横峯さくら選手も参画 スポーツ先端科学研究拠点が新プロジェクト

SPORTS 2016年05月07日

硬式野球部 宮台選手が投打で活躍、自身初の完封勝利で07年以来の立教撃破

SPORTS 2016年10月11日

ラクロス男子、7年連続の決勝トーナメント決定 リーグ最終戦で青学大に快勝

SPORTS 2016年04月26日

硬式野球部12年ぶり明大撃破 サヨナラ打&本塁打の山田選手「ほっとした」

TOPに戻る