SPORTS 2018年5月3日

【部員が見る軟式野球2018⑥】打線がつながり明大に快勝

春季リーグ戦第6戦vs明治大学(4月14日)

 

明大 0 1 0 0 0 0 0 0 1 | 2

東大 1 0 3 0 0 0 1 0 × | 5

 

 リーグ戦も半分を終え、ここまで3勝2敗と1つ勝ち越して迎えた春季リーグ第6戦、対明治大学戦。東京大学は先発として前回の明治大学戦で勝利投手となった小林(農・三年)を送り出す。

 

 一回裏、早くも試合が動く。二番松本(文・四年)が安打で出塁すると、四番吉川(理Ⅰ・二年)がこれに続き、五番西池(農・四年)の右翼手の前に落ちる適時打で東京大学が1点を先制する。

 

 二回に同点に追いつかれるも、東京大学は三回裏、一死から二番松本、三番新造(農・四年)の連続安打で好機を作ると、ここで四番吉川に本塁打が飛び出し、3点を勝ち越す。

 

決勝打となる本塁打を放った吉川選手(写真は軟式野球部提供)

 

 七回、先頭の八番川﨑(経・三年)が内野安打で出塁すると、西野(育・三年)の犠打、吉永(工・四年)の進塁打で二死三塁とし、松本のこの日3安打目となる適時打で東京大学がさらに1点を追加した。

 

猛打賞の活躍を見せた松本選手(写真は軟式野球部提供)

 

 先発の小林は要所を締める投球で五回までを1失点に抑え、先発としての役割を果たす。その後は西野、小川(文Ⅱ・二年)と継投して逃げ切り、東京大学が2ー5で見事勝利した。

 

 前戦に続くこの試合での勝利で、通算成績を4勝2敗とした東京大学。この試合では打線全体で9本の安打を放ち、打撃陣の調子が上向いていることを印象付けたのは、首位を走る早稲田大学との次戦に向け好材料となった。目標とする全日本大会出場へ向けて負けられない戦いが続くが、一戦必勝の思いで連勝を伸ばしていきたい。

 

        文責:軟式野球 小川修(文Ⅱ・二年)

 

【部員が見る軟式野球2018】

開幕戦、西野投手の完投で法大を下す

明大に4ー3で開幕2連勝

慶大に反撃及ばずリーグ戦初黒星

法大に逆転を許し2連敗

立大に無失点勝利で前半戦折り返し

打線がつながり明大に快勝

早大とのエース対決制し、首位に並ぶ

打線封じられ、立大にわずか4安打で敗北

早大に競り勝ち、今季6勝目

リーグ優勝に向けて慶大に快勝

早大とのプレーオフ 打線爆発で圧勝

決めきれず法大に敗北 優勝は持ち越しに

打線に力なく法大に1ー6 優勝ならず

新人戦は一回戦敗退 打撃に課題か

春季ブロック大会 新チームで逆転勝利

 

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

EVENT 2017年08月01日

まさに知的な祭典 好奇心を揺さぶるイベントTEDxUTokyoが安田講堂で開催

SPORTS 2016年07月13日

七大戦開会式を安田講堂で挙行 硬式テニス男子で優勝し、東大が首位を快走

COLUMN 2016年08月14日

【東大レスリング部寄稿】リオ五輪「レスリング」の見どころ

SPORTS 2018年07月08日

【部員が見る軟式野球⑮】春季ブロック大会 新チームで逆転勝利

SPORTS 2016年05月23日

硬式野球部 今季最終戦に敗れ、勝ち点は来季以降に持ち越し

TOPに戻る