SPORTS 2018年5月2日

【部員が見る軟式野球2018⑤】立大に無失点勝利で前半戦折り返し

春季リーグ第5戦vs立教大学(4月4日)

 

立大 0 0 0 0 0 0 0 0 0 | 0

東大 0 3 0 1 0 0 0 0 × | 4

 

 第3戦、第4戦と二連敗を喫し、もう後がない中で迎えた春季リーグ第5戦となる対立教大学戦。リーグ優勝のためには敗戦が許されないこの試合、東大は先発として前の試合に続き主戦西野(育・三年)を送り出す。

 

 初回、両大学とも得点圏まで走者を進めるものの、西野、立教大学先発平林の粘り強い投球により無得点に終わる。

 

投打にわたる活躍を見せた西野選手(写真は軟式野球部提供)

 

 試合が動いたのは二回裏、西池(農・四年)、保知(文Ⅱ・二年)の連続安打で一二塁とすると、二死後九番西野が一塁線への適時二塁打を放ち二点を先制する。続く吉永(工・四年)も左中間への二塁打を放ち、三点差とする。さらに、四回に八番川崎(経・三年)が安打で出塁すると、今季絶好調の二番松本(文・四年)が左中間を破る適時三塁打でダメ押しの一点を加える。

 

適時打を放ち、好守も見せた吉永選手(写真は軟式野球部提供)

 

 東京大学の先発西野は、立教打線を七回まで被安打2に抑える見事な投球を見せる。その後、八回を田中(理Ⅰ・二年)、九回を小林(農・三年)がしっかりと抑え、0ー4と東京大学がこのリーグで初めて無失点での勝利を収めた。

 

 東京大学はこの勝利で戦績を3勝2敗とし、リーグ戦を折り返すこととなった。チームの目標である全国大会進出に向けこれ以上の敗戦は許されない状況は変わらないが、先の秋季リーグ戦同様、後半戦での大きな巻き返しを期待したい。

 

文責:軟式野球部 中田遥友(理I・二年)

 

【部員が見る軟式野球2018】

開幕戦、西野投手の完投で法大を下す

明大に4ー3で開幕2連勝

慶大に反撃及ばずリーグ戦初黒星

法大に逆転を許し2連敗

立大に無失点勝利で前半戦折り返し

打線がつながり明大に快勝

早大とのエース対決制し、首位に並ぶ

打線封じられ、立大にわずか4安打で敗北

早大に競り勝ち、今季6勝目

リーグ優勝に向けて慶大に快勝

早大とのプレーオフ 打線爆発で圧勝

決めきれず法大に敗北 優勝は持ち越しに

打線に力なく法大に1ー6 優勝ならず

新人戦は一回戦敗退 打撃に課題か

春季ブロック大会 新チームで逆転勝利

 

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

SPORTS 2016年12月17日

アメフト、日体大に敗れTOP8昇格逃す 勇退の竹之下監督「トータルで力負け」

COLUMN 2017年12月18日

硬式野球部はなぜ勝ち点を取れたのか? 監督・選手の話で振り返る秋季リーグ戦

EVENT 2019年05月14日

ラクロスの魅力が詰まった一戦 ラクロス部男子が五月祭試合で一橋大学と激突

SPORTS 2018年05月06日

硬式野球 0-1でサヨナラ負け 小林投手が好投見せるも早大に惜敗

COLUMN 2015年03月31日

スピーディで戦略的。ビーチラグビーというスポーツで、僕らが全国優勝を目指すわけ

TOPに戻る