SPORTS 2018年5月17日

【部員が見る軟式野球2018⑦】早大とのエース対決を制し、首位に並ぶ

春季リーグ戦第7戦vs早稲田大学(4月16日)

 

早大 0 0 0 0 0 0 0 0 0 | 0

東大 0 0 0 0 1 0 0 0 × | 0

 

 勝てばその時点で法政大学、早稲田大学と並び東京大学が首位に並ぶ春季リーグ第7戦。東京大学は西野(育・3年)を、中一日でこの試合を迎えた早稲田大学も、前戦の慶應義塾大学戦で温存していた井内を先発として送り出し、両校の主戦対決となった。

 

完封勝利をあげた西野投手(写真は軟式野球部提供)

 

 序盤から両校とも好機を演出する。東京大学は二回表一死満塁のピンチをしのぐと、その裏、五番西池(農・4年)の振り逃げと六番保知(文Ⅱ・2年)の安打で一死一・三塁とする。ここで七番静間(文Ⅲ・2年)の放った打球は、惜しくも遊撃手の正面をつき併殺が完成、先制することができない。

 

 その後も東京大学は相手先発井内の前になかなか得点することができないが、守備では、四回表二死二塁から中前安打で本塁を狙った二塁走者を、中堅手吉永(工・4年)が好返球で刺し得点を許さない。

 

 試合が動いたのは五回。東京大学は三連打で無死満塁の好機を作ると、西野の内野ゴロの間に三塁走者保知が生還、貴重な先制点を挙げる

 

2安打の活躍を見せた保知選手(写真は軟式野球部提供)

 

 最大のピンチは七回。東京大学は失策と安打で無死一・三塁とされる。ここで初球を相手打者が空振り、飛び出していた三塁走者を刺すと、続くピンチも西野が気迫のこもった投球で抑える。西野は八回・九回も危なげのない投球で投げ切り、大一番で早稲田大学を完封した。

 

 見事完封勝利を挙げた東京大学は5勝2敗の首位に並び、連勝も3に伸ばした。リーグ戦も終盤に入っていくが、連勝の勢いそのままに残り試合も勝ち切り、リーグ戦優勝、全日本大会出場という目標へ邁進していきたい。

 

文責:軟式野球部 青木裕太郎(文Ⅰ・2年)

 

【部員が見る軟式野球2018】

開幕戦、西野投手の完投で法大を下す

明大に4ー3で開幕2連勝

慶大に反撃及ばずリーグ戦初黒星

法大に逆転を許し2連敗

立大に無失点勝利で前半戦折り返し

打線がつながり明大に快勝

早大とのエース対決制し、首位に並ぶ

打線封じられ、立大にわずか4安打で敗北

早大に競り勝ち、今季6勝目

リーグ優勝に向けて慶大に快勝

早大とのプレーオフ 打線爆発で圧勝

決めきれず法大に敗北 優勝は持ち越しに

打線に力なく法大に1ー6 優勝ならず

新人戦は一回戦敗退 打撃に課題か

春季ブロック大会 新チームで逆転勝利

 

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

SPORTS 2015年10月03日

東大硬式野球 慶大との1回戦落とす

SPORTS 2016年04月20日

【部員が見る軟式野球⑤】全勝明大の勢い止められず、大一番で敗戦

COLUMN 2014年04月24日

【サークル奮闘記】最後の年こそ輝きたい。輝かなければならない。 東京大学WARRIORS

SPORTS 2014年09月26日

七大戦準優勝 東北大と接戦の末

COLUMN 2016年08月06日

【東大ラグビー部寄稿】リオ五輪「7人制ラグビー」の見どころ

TOPに戻る