ニュース

2021年6月29日

【陸上】医・内山選手が日本選手権で2年連続の入賞

 6月26日、大阪府のヤンマースタジアム長居で第105回日本陸上選手権大会3日目が実施され、女子三段跳び・決勝で内山咲良選手(医・6年)が8位入賞を果たした。6本目の最終跳躍で12メートル51(追い風+0.6メートル)を記録。昨年度の同大会でも6位入賞を果たしており、2年連続の入賞となった。

 

内山選手の跳躍=6月26日、大阪・ヤンマースタジアム長居で(読売新聞社提供)

 

 試合後、内山選手は「今回の大会では、自分の思うような結果を残すことができませんでした。9月の全日本インカレで集大成となるような記録が残せるよう、これからも練習を続けたいと思います」と語った。寄せられた多くの応援に謝意を示しながら、競技生活の集大成となる記録を目指し、気持ちを切り替えていた。

 

 内山選手は5月22日に実施された第100回関東学生陸上競技対校選手権大会(関東インカレ)の女子1部三段跳びで優勝を果たしていた。

TOPに戻る