SPORTS 2018年11月5日

【部員が見る東大軟式野球2018秋⑧】1ー3で明大に惜敗 東日本大会は絶たれる

秋季リーグ戦第8戦vs明治大学(10月10日)

 

東大 0 0 0 0 0 0 1 0 0 | 1

明大 0 1 0 0 0 0 1 1 0 | 3

 

 秋季リーグ第8戦となる対明治大学戦。東日本大会出場枠獲得にはもう後がないこの試合、東大は先発として前の試合に続き不動のエース西野(育・3年)を送り出す。

 

完投し一時同点のスクイズを決めた西野投手(写真は軟式野球部提供)

 

 西野は初回を三者凡退に抑える幸先の良い立ち上がりを見せるも、二回に3安打を浴び先制を許す。

 

 一方東大の攻撃は初回、先頭の川﨑(経・3年)が安打で出塁すると暴投で二塁まで進塁する。しかし犠打を狙った二番中谷(理Ⅱ・2年)の打球は相手投手が処理して三塁封殺となり、この好機を生かせない。二回と五回にも先頭が出塁するが、明治大の先発・橋本の粘りの投球を前に六回まで得点を奪うことができない。

 

 三回から六回までを被安打1と、立ち直り好投を続ける西野を援護したい東大打線は七回表、2つの四死球と暴投で一死二・三塁とすると、六番西野がスクイズを決めて待望の1点を挙げ、試合を振りだしに戻す。

 

初回に先頭打者として安打を放った川﨑選手(写真は軟式野球部提供)

 

 しかし続く七回裏、西野が先頭打者に内野安打で出塁を許すと、犠打で送られ一死二塁のピンチを迎える。三振で二死までこぎつけるも、九番打者に適時打を浴び勝ち越しを許してしまう。

 

 西野は続く八回にも2安打を浴びてさらに1点を失ってしまう。なんとか追いつきたい東大であったが、明治大の継投した小堺、河瀬を打ち崩せず1対3で敗戦を喫した。

 

 東大はこの敗北で今リーグの戦績が2勝4敗2分となり、チームの目標である東日本大会出場の望みは絶たれてしまったが、気落ちして連敗が続くことの無いよう、最後まで勝つ姿勢にこだわり抜いて残りの2戦をしっかりと戦っていきたい。

 

文責:軟式野球部 中田遥友(理Ⅰ・2年)

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

COLUMN 2016年08月05日

【東大バスケットボール部寄稿】リオ五輪「バスケットボール」の見どころ

SPORTS 2016年11月14日

ラクロス男子、慶大にリーグ決勝で大敗 一時リードなど中盤まで互角

COLUMN 2016年08月09日

【東大Doo-Upトライアスロンチーム寄稿】リオ五輪「トライアスロン」の見どころ

SPORTS 2016年05月06日

開始9分で先制も、3連続失点で開幕2連敗 ア式蹴球部男子

COLUMN 2018年02月02日

競技の様子はまるで「雪上のF1」 平昌五輪「アルペン」の見どころ

TOPに戻る