LATEST NEWS 2015年10月6日

ノーベル物理学賞に東大、梶田隆章教授

今年のノーベル物理学賞の受賞者が6日に発表され、物質を構成する最小単位の一つ「ニュートリノ」が質量を持つと発見した梶田隆章教授(宇宙線研究所)が選ばれた。梶田教授は同日記者会見に臨み「受賞は非常に光栄なこと。頭が真っ白です」と笑顔で話した。

梶田教授は1981年埼玉大学理学部卒業。83年東大大学院理学系研究科修士課程修了、86年同博士課程修了。理学博士。99年より宇宙線研究所教授、08年より宇宙線研究所所長を務めている。

ノーベル賞を受賞し、記者会見に臨む梶田教授(=6日、本郷キャンパス山上会館で)
受賞者発表後、記者会見に臨む梶田教授(=6日、本郷キャンパス山上会館で)

=13日発行号に詳細を掲載予定です。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

COLUMN 2017年10月06日

「初音ミク」10周年 知れば知るほど奥深いボカロの世界

2017年12月26日

【東大の2017年②】女子学生家賃支援が開始 効果には疑問の声も

INTERVIEW / PROFESSOR 2014年08月06日

「ゲーム研究」とは何か? ゲーム研究者馬場章教授インタビュー

EVENT 2016年10月01日

東大生が空想する「ありえない未来」のメディアアート 東京大学制作展を11月に開催

INTERVIEW / FEATURE 2014年04月18日

【20年前の東大、今の東大】「ささやかなエゴイズムの大切さを説きたい」 三田誠広さんに聞く2

TOPに戻る