COLUMN 2017年6月7日

【N高生のリアル③】「N高は『道具箱』」 可能性を生むプログラミング

 本館に戻り、プログラミングの授業を見学する。プログラミングの授業は日によってはドワンゴのプログラマーが来て質問を受け付けるが、基本的には教材を用いて各自が進めて行く。

 

 本館地下フリースペースでは、15個ほどの円卓でプログラミング学習が進んでいた。一人で黙々と進めている子もいれば、仲良し女子高生グループもあり、真剣に話し合いながら進めているグループもあった。TAの大学生によれば、ドワンゴの作成したこのプログラミング教材(N予備校の講座)は「結構分かりやすい」そうで、みんなが各自で進めていけるそうだ。ただ、プログラミングどころかパソコン初級者の中には全く進められない子もいて、そういう子は「タイピング」の練習から始めているという。

 

 

ドワンゴ作成のオリジナル教材で学習する

 

 一方で進んでいる子はかなり進んでいる。教室の端に、熱く議論している男子生徒2人組がいた。聞けば、一人は中学生の頃からプログラミングでゲームを作成しており、その実績を買われ、都内の会社でインターンしながらN高に通っているという(Aくん)。もう一人の子は高校2年生で今年からN高に編入し、プログラミングを始めたという(Bくん)。Bくんはわずか1カ月で相当プログラミングを覚えたそうで、もともとプログラミングの実力者であるAくんと一緒に、「携帯電話の通信制限に一石を投じたい」と、ある提案書を作って経産省の公募プログラムに応募しようとしていた。その二人をインタビューした。

 

――N高に入学したのはどういう理由ですか?

Aくん 僕はもともと生徒会とかやっているタイプでしたが、ふと、このまま大学行って大丈夫なのかなと思ってしまい。(中学時代、地元自治体のゆるキャラを使用してゲームを作成し話題になった実績から)インターンしてみない?というお声掛けもあったので、インターンしながら高校に行けるということで、ここに来ました。

 

――インターンはどうですか?

Aくん 最近、少し失敗してしまって、落ち込んでいるところなんですが(苦笑)、でも良い勉強になっています。

 

――Bくんはどうですか?

Bくん 僕は進学校に通っていたのですが、高1の夏休み明けに、勉強と吹奏楽部の両立が大変すぎて、過労で倒れてしまったんです。そこから、人生について考え直しました。この学校だと、小テストとか多すぎて、自分がやりたいことができない。でも、N高だと、できる。親に頼み込んで、編入して来ました。親の理解はなかなか得られなくて、土下座する寸前でした(笑)。

 

Aくん 彼はプログラミングの成長がすごく早くて、1カ月でここまでできるのか、というほどです。僕もこういう教材(N予備校のプログラミング講座)があったら、中学時代に無駄な時間を取らなくてよかったと、羨ましいです(笑)。

 

――すごいですね

Aくん 日本のプログラミングのレベルは大変遅れています。エストニアとかはすごくて、日本のプログラマーが束になっても敵わない。すごく、危機感を感じています。

 

――その問題意識もすごいですけど……。最後に、N高に通って感じたことを教えてください。

Aくん 先生方がよく言われているのですが、N高を喩えるならば、「道具箱」です。中にはたくさんの道具が詰まっていて、何でもできる。でもたくさん道具があっても、使わなければ何も生まない。N高はたくさんの可能性を与えてくれるところですけど、それを利用し尽くせるかどうかは僕たち生徒にかかっています。

 

 N高というムーブメントの一端が、この二人から垣間見えた気がした。

 

 また次回は、N高生の「大学受験」についてリポートする。

 

【N高生のリアル】

昼休み明けの恒例授業「サークルリーディング」とは?

東大受験から基礎固めまで レベルに合わせた英語教育

「N高は『道具箱』」 可能性を生むプログラミング

ITで教育はどう変わるか? 「N予備校」の理念や開発経緯に迫る

Slackで交わされる「オンラインホームルーム」とは

長期実践型教育「プロジェクトN」のリアル

「皆は俺の宝だ〜!」奥平校長の愛の叫びと海外からのまなざし

ネット部活のリアル N高クイズ研究会の生態系

「孤独な通信制」という常識を覆す Slackで育まれる友情

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

NEWS 2015年01月24日

センター試験廃止に向けて、中央教育審議会が提言

NEWS 2017年01月24日

全国で雪のセンター試験 東大管轄では試験時間の繰り下げなし

NEWS 2016年06月07日

理Ⅲ対象アンケート、入試の「面接復活」賛否割れる 有効性に疑問の声も

COLUMN 2017年03月03日

【東大受験生応援連載】第二外国語を決めよう!履修者から見たロシア語の姿

COLUMN 2014年03月19日

現役の東大生と京大生では、どちらが入試で高得点が取れるのか?

TOPに戻る