COLUMN 2014年3月7日

面接の帰り道にダメだった点を手帳にガーッと書き込む

厳しい就活を戦って内定を得た東大生は、どのように手帳を使っていたのでしょうか?
手帳を見れば、その人が見える。
今回は、出版社への内定が決まっている大学院生に話を聞きます。

※こちらの記事は、ほぼ日手帳との共同企画で取材いたしました。

techosyuppansya3.jpg

この4月から出版社に入社する啓慎悟さん(仮名)は、大学院人文社会系研究科の修士課程に在籍しています。

使っている手帳は、1日1ページの「ほぼ日手帳」。書くスペースがたっぷりとあるので、面接の後に気がついたことをどんどん書き込んでいたそうです。

「面接からの帰りに、駅のホームのベンチで、ガーッと書くんです。こんなことを言えればよかったとか、どこがよくなかったとか」

気づいたことをメモして、後から読み返すこともあったそうです。

「これは……面接で話すマンガの企画案について書いてありますね。うーん、”人を不幸にするマンガ”。どうですかね……。たしかこの案は面接では話さなかったと思います(笑)」

スケジュール管理も「月」のページは使わずに、「日」のページを使う。また、アルバイトで覚えなければならない仕事の手順は、紙に書いて手帳に貼るという。

「紙を貼ると、そのページがすぐ開けるようになるので便利です。何度も仕事の手順を聞くわけにはいかないので、このやり方が重宝しています」

 社会人になっても同じ手帳を使う予定だとか。次は編集の仕事で、どんな風に手帳が活躍するだろうか。

techosyuppansya1.jpg

techosyuppansya2.jpg

techosyuppansya4.jpg

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

INTERVIEW / FEATURE 2014年07月09日

「ことば」の面白さを、新たな形で伝えたい 大辞泉編集部 板倉編集長インタビュー

INTERVIEW / FEATURE 2017年05月16日

高橋まつりさんの死は人ごとか 東大OGの過労死を巡って

COLUMN 2017年12月31日

【2017年アクセスランキング】まつりさんの記事が今年の年間1位に

INTERVIEW / OBOG 2015年10月28日

脚本家森下佳子さん講演会 「脚本家は人々の心のツボを刺激する魅力的な仕事」

INTERVIEW / FEATURE 2014年03月18日

福岡のロリータ少女は、なぜ東大をめざしたのか? 大石蘭さんインタビュー1

TOPに戻る