COLUMN 2014年3月7日

面接の帰り道にダメだった点を手帳にガーッと書き込む

厳しい就活を戦って内定を得た東大生は、どのように手帳を使っていたのでしょうか?
手帳を見れば、その人が見える。
今回は、出版社への内定が決まっている大学院生に話を聞きます。

※こちらの記事は、ほぼ日手帳との共同企画で取材いたしました。

techosyuppansya3.jpg

この4月から出版社に入社する啓慎悟さん(仮名)は、大学院人文社会系研究科の修士課程に在籍しています。

使っている手帳は、1日1ページの「ほぼ日手帳」。書くスペースがたっぷりとあるので、面接の後に気がついたことをどんどん書き込んでいたそうです。

「面接からの帰りに、駅のホームのベンチで、ガーッと書くんです。こんなことを言えればよかったとか、どこがよくなかったとか」

気づいたことをメモして、後から読み返すこともあったそうです。

「これは……面接で話すマンガの企画案について書いてありますね。うーん、”人を不幸にするマンガ”。どうですかね……。たしかこの案は面接では話さなかったと思います(笑)」

スケジュール管理も「月」のページは使わずに、「日」のページを使う。また、アルバイトで覚えなければならない仕事の手順は、紙に書いて手帳に貼るという。

「紙を貼ると、そのページがすぐ開けるようになるので便利です。何度も仕事の手順を聞くわけにはいかないので、このやり方が重宝しています」

 社会人になっても同じ手帳を使う予定だとか。次は編集の仕事で、どんな風に手帳が活躍するだろうか。

techosyuppansya1.jpg

techosyuppansya2.jpg

techosyuppansya4.jpg

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

NEWS 2015年06月03日

大卒就職率、リーマン前まで回復 4年連続の上昇

INTERVIEW / OBOG 2014年07月02日

【東大卒起業家】「誰でも資格試験対策できるインフラを作りたい」資格スクエア

INTERVIEW / FEATURE 2014年04月10日

江川達也はいま学生だった! 「映像を自分でつくる勉強をしています」

INTERVIEW / OBOG 2014年11月06日

リクルートが生まれた場所、東京大学新聞 リクルート創業者 江副浩正氏の「唯一の上司」

COLUMN 2015年09月30日

内定が出ない“あきらめ組”がもう一度考えるべきこと 霜田明寛の就活十番勝負13

TOPに戻る