SPORTS 2016年5月2日

【部員が見る軟式野球⑦】早大に3―6、3連敗で今季3勝4敗に

軟式野球部春季リーグ戦第7戦vs早稲田大学(4月27日)

東大先発の大川投手(写真は軟式野球部提供)
東大先発の大川投手(写真は軟式野球部提供)

早稲田 1 0 1 0 1 1 0 0 2 | 6
東 大 0 0 0 0 0 2 0 0 1 | 3

 明治大学の優勝が決まった中で迎えた第7戦、相手は第4戦で勝利している早稲田大学。できるだけ上位でリーグ戦を終えたい東大は主戦投手大川(工・3年)を先発に立てる。その大川(工・3年)は初回先頭の永牟田に本塁打を浴び先制される。続く二番森山にも四球を与えてしまうが、一塁手谷本(理・4年)の好捕により初回を最少失点で切り抜ける。さらに大川(工・3年)は三回にも先頭の九番粕川に本塁打を打たれてしまう。一方、反撃したい東大打線は相手先発後藤の前に三回まで毎回走者は出すもののあと一本が出ない。

 五回にも1点を失うもののその裏、失策と内野安打、死球で一死満塁と絶好の好機を迎える。ここで九番松本(文Ⅲ・2年)の鋭い当たりは二塁手の正面を突き併殺打となってしまいこれを生かせない。東大は六回、投手を濱野(文Ⅱ・2年)に交代するも制球に苦しみ1回1失点と早稲田の流れを断てない。

 しかしその裏、二死から走者を一塁に置き四番大川(工・3年)の右本塁打で2点差まで追い上げる。七回からは技巧派右腕松本(文Ⅲ・2年)が登板し2回を無失点で切り抜ける。疲れの見える相手先発後藤を捉えたい東大打線であったが走者は出すも盗塁死や併殺打と拙攻が続く。九回には松本(文Ⅲ・3年)が連打を浴び、再び差を4点と広げられる。最終回、東大六番吉永(理Ⅰ・2年)に左本塁打が飛び出すも追い上げむなしく試合終了。

 これで東大は三連敗、残る三試合全勝でリーグ戦を終えるべく気持ちを切り替えて次戦に臨みたい。

軟式野球部 菅谷 由祐(文Ⅲ・2年)

 

第1戦はこちら→ 【部員が見る軟式野球①】投打かみ合い法政との開幕戦に快勝

第2戦はこちら→ 【部員が見る軟式野球②】明治の勢い止められず、今季初黒星

第3戦はこちら→ 【部員が見る軟式野球③】早大との接戦制し今季2勝目

第4戦はこちら→ 【部員が見る軟式野球④】大川投手が被安打3失点1で完投勝利

第5戦はこちら→ 【部員が見る軟式野球⑤】全勝明大の勢い止められず、大一番で敗戦

第6戦はこちら→ 【部員が見る軟式野球⑥】慶應との2位対決に敗れ、優勝が消滅

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

SPORTS 2017年04月23日

アメフト部 今年から1部昇格の桜美林大に3―17で完敗

SPORTS 2017年05月01日

【部員が見る軟式野球⑤】リーグ2位の東大は延長の末、慶大と引き分け

SPORTS 2016年04月19日

硬式野球部 山田選手が本塁打放つも、投壊で勝ち点ならず

COLUMN 2015年03月31日

スピーディで戦略的。ビーチラグビーというスポーツで、僕らが全国優勝を目指すわけ

COLUMN 2016年04月13日

【13日19時~@駒場】東大新聞の仕事を体験してみよう

TOPに戻る