SPORTS 2016年10月16日

【部員が見る軟式野球④】失策響き慶大に惜敗

軟式野球部秋季リーグ戦第4戦vs慶應義塾大学(10月4日)

 

慶應 0 1 0 2 0 0 1 0 0 | 4

東大 0 0 0 0 0 2 0 0 0 | 2

 

東大先発の西投手(写真は軟式野球部提供)
東大先発の西投手(写真は軟式野球部提供)

 

 

 現在、一勝一敗一分けと勝ち越したい東大。先発には安定感のある三年生の西(農・3年)をマウンドに送る。

 

 一回、両校三者凡退に終わり、両投手上々の立ち上がり。二回表、先頭四番打者の安打をきっかけに一点を先制されてしまう。その後西は走者を出さず三回を投げ切るものの、東大も三回まで相手先発の植田に一安打に抑えられ得点することができない。四回表、東大は投手を一年生小林(理Ⅱ・1年)に代える。その小林は二死から安打、死球で危機を招くと失策が絡み二点を失ってしまう。

 

四番の永幡選手が適時打を放つ(写真は軟式野球部提供)
四番の永幡選手が適時打を放つ(写真は軟式野球部提供)

 

 その後、五回から登板した大川(工・3年)が六回表を無失点に抑えると、その裏に東大の反撃が始まる。二死から一番大川が中越え二塁打を放つと、二番大音(工・3年)の右前安打、三番吉井(経・3年)の四球で満塁の好機を演出する。次打者の四番永幡(工・3年)が植田の直球を弾き返す適時安打で一点を返し、さらに捕逸で一点を追加。一点差に迫る。

 

 これ以上失点したくない東大だが、続く七回表に失策と暴投が絡んで一点を失い二点差としてしまう。攻撃も代わった相手投手小林を打ち崩せず追いつくことができないまま試合は終了。敗北を喫した。

 

 前の立教戦に続き連敗してしまった東大。しかしまだまだ上位大会への望みは繋がっている。この試合で得た技術的な反省は改善しつつ気持ちは切り替えて、勝利へ向かってチーム一丸となって次の試合を迎えたい。

 

軟式野球部 新造英朗(理Ⅱ・2年)

 

【関連記事】

【部員が見る軟式野球①】秋季リーグ開幕戦は立教と引き分け 九回に追いつく

【部員が見る軟式野球②】早大に粘りの逆転勝ちで今季初勝利

【部員が見る軟式野球③】反撃及ばず立大に敗北 今季初黒星

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

SPORTS 2015年04月22日

部員が見る軟式野球部 2015年度春季リーグ戦第3戦

SPORTS 2016年04月11日

硬式野球部、9安打放つも11残塁 8失点で2試合連続の完封負け

SPORTS 2018年05月03日

【部員が見る軟式野球2018⑥】打線がつながり明大に快勝

SPORTS 2018年04月22日

硬式野球 先発の小林投手好投も打線が援護できず明大に連敗

SPORTS 2018年06月05日

【部員が見る軟式野球2018⑫】決めきれず法大に敗北 優勝は持ち越しに

TOPに戻る