LATEST NEWS 2020年3月8日

東大、サウジアラビアの財団と支援組織設立

 東大は2月14日、サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子が設立したMiSK財団MiSK Initiative Center(MIC)と共同でMbSC2030を設立するための了解覚書を締結したと発表した。同日行われた調印式には、五神真総長、MICのバデル・アル・アサーケル会長、ナーイフ・アル・ファハーディ駐日サウジアラビア大使の3人が出席。3人は了解覚書に署名した。

 

 MbSC2030は2017年に日本、サウジアラビア政府が策定した「日・サウジ・ビジョン2030」に基づいて発足。アサーケル会長はMbSC2030を東大とMiSK財団の既存の連携の延長線上にあると説明した。今後はビッグデータ、サイバーセキュリティーなどの注目・重要分野で、両国の科学研究や技術開発の革新に貢献するとともに、東大に所属するサウジアラビアの学生を支援するとしている。


この記事は2020年3月3日号から転載したものです。本紙では他にもオリジナルの記事を掲載しています。

ニュース:警戒態勢のなか2次試験実施 新型コロナの影響で合格発表の掲示中止
ニュース:東京都 NTT東 ローカル5Gの普及に向け連携
ニュース:メルカリ 「価値交換工学」で特任教員を公募
ニュース:推薦入試 73人が合格 制度変更近く公表か
ニュース:サウジ財団と支援組織設立
企画:新たな世界への入り口に 編集部員が選んだ入学前に読みたい4冊
企画:実態に即した議論が不足 入試改革の混乱を振り返る
企画:東大入試2020 2次試験傾向概観
企画:2次試験問題と解答例
地域の顔 本郷編:KAJITSU本郷店
キャンパスのひと:吉野知明さん(農・3年)

※新聞の購読については、こちらのページへどうぞ。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

NEWS 2019年10月18日

結晶構造の関連解明 ゼオライト合成条件 機械学習を活用

COLUMN 2019年11月30日

【論説空間】 問われ直す存在意義 図書館の過去と未来

NEWS 2019年12月02日

高被引用論文著者に東大から18人選出

NEWS 2019年07月11日

教員の研究時間割合 02年度より13.6ポイント減

EVENT 2019年06月14日

教養学部創立70周年記念シンポジウム「学際知の俯瞰力―東京大学駒場スタイル」を7月7日(日)駒場Ⅰキャンパスで開催

TOPに戻る