SPORTS 2017年1月1日

日本サッカー協会と連携協定を締結 競技団体との連携は初

連携協定を結んだ五神総長(右)と田嶋会長(撮影・石原祥太郎)
連携協定を結んだ五神総長(右)と田嶋会長(撮影・石原祥太郎)

 

 東大と日本サッカー協会(JFA、会長=田嶋幸三)は12月16日、東大のスポーツ医学・科学の研究成果を活用した競技力向上などを目指す連携協定を締結した。東大と競技団体の連携は初。東大が5月に設立し、既に部局を超え50以上の研究室が参画する「東京大学スポーツ先端科学研究拠点」を中心に連携を進める。

 

 具体的な研究内容は、現場の強化担当者らと相談しつつ設定予定。東大の境田正樹理事は同日の記者会見で「人工知能技術の活用を一つの柱にしたい」と意気込んだ。田嶋会長は「日本でサッカーをより根付かせるための施策など、社会科学の分野にも非常に期待している」と展望した。

 

 ア式蹴球部など東大の各部との連携も想定。五神真総長は「学生にも参加してもらい、社会に還元できる成果を期待したい」と説明した。同日安田講堂で開催された記念式典で国際サッカー連盟(FIFA)のジャンニ・インファンティーノ会長は「世界でも重要な研究拠点である東大との連携は喜ばしい」と祝福した。

 


この記事は、2017年1月1日号からの転載です。本紙では、他にもオリジナルの記事を掲載しています。

2787_1_1pop622

インタビュー:蓮實重彦名誉教授(フランス文学者、映画評論家)
ニュース:TOP8昇格逃す アメフト ミスから失点「力負け」
ニュース:サッカー協会と連携 競技団体との連携は初
企画:2017年の東大を予習
企画:2017年、日本国憲法は施行70周年 意義、課題、そして改憲
企画:海外も新年を祝う思いは共通 1月1日が「主役」でない場所も
謹賀新年 読者の皆さまへ:本紙編集長 関根隆朗(文Ⅰ・2年) 
東大今昔物語:東大でも新憲法を祝福
キャンパスガール:ソ・ヘジュンさん(文Ⅲ・2年)

※新聞の購読については、こちらのページへどうぞ。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

INTERVIEW / OBOG 2016年04月19日

16年度東大入試で著書からの出題 内田樹さん「身体的感覚を大事に」

NEWS 2017年10月01日

硬式野球 五回までに大量10失点 新堀選手が今季2号本塁打も早大に連敗

SPORTS 2018年12月28日

【東大スポーツ2018総括】硬式野球 春秋通じて白星付けられず 秋には復調の兆しも

SPORTS 2018年11月13日

【部員が見る東大軟式野球2018秋⑩】最終戦は慶大に4ー2で勝利 今季は通算3勝で閉幕

SPORTS 2016年10月17日

【部員が見る軟式野球⑤】1年生・西野投手の好投で法大に快勝 連敗止める

TOPに戻る