SPORTS 2019年4月11日

【部員が見る東大軟式野球2019春④】エース好投も慶應大にサヨナラ負け喫す

軟式野球部春季リーグ第4戦vs慶應義塾大学(4月5日)

 

東大 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0  | 1

慶應 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1×| 2

 

 ここまで二勝一敗と、勝ち越し一つとして迎えた春季リーグ第4戦の対慶應義塾大学戦。リーグ優勝に向けて大事な一戦となったこの試合、東大は先発として主戦西野(育・4年)を送り出す。西野は前回の法政大学戦で自責点0の見事な投球を見せている。

 

 一回裏、早くも試合が動く。東大は失策で出塁を許すと、相手四番に長打を浴び、1点を先制される苦しい展開となる。すぐに反撃したい東大は、相手先発の前になかなか得点することができないが、一方で堅実な守りと西野の粘り強い投球で相手に追加点を許さず、二回以降は互いに無得点のまま試合は終盤に突入する。

 

 東大の反撃は七回表。先頭の四番吉川(工・3年)が安打で出塁すると、六番保知(経・3年)の進塁打で二死二塁とする。ここで、七番西野が値千金となる中前適時打を放ち、試合を振り出しに戻す。

 

2安打を放ち打線を牽引した川﨑(経・4年)(写真は軟式野球部提供)

 

 その後は両チームとも得点を許さず、試合は延長戦に突入する。試合が動いたのは十回裏。本学は、四死球で出塁を許すと、捕逸で1死二塁のピンチを招く。すると続く打者に痛恨の中前適時打を浴び、試合終了。本学は12で惜敗した。

 

先発し完投した投手西野(育・4年)(写真は軟式野球部提供)

 

 これで通算成績二勝二敗となった東大。チームの目標である優勝、そして全日本大会出場を目指す中で、痛い敗戦となった。しかし、二塁手静間(育・3年)の怪我からの復帰など、明るい話題もある。気持ちを切り替えて、一戦ずつ勝利を積み重ねていくことで、巻き返しを図っていきたい。

 

文責:軟式野球部 齊藤弘樹(文Ⅲ・2年)

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

SPORTS 2016年11月05日

陸上・近藤選手、箱根駅伝の学生連合入り 出走濃厚に

NEWS 2017年10月26日

硬式野球部・宮台投手を日本ハムが7位指名 東大史上6人目のプロ野球選手へ

SPORTS 2016年12月17日

アメフト、日体大に敗れTOP8昇格逃す 勇退の竹之下監督「トータルで力負け」

SPORTS 2018年04月14日

硬式野球 開幕戦で慶大に大量失点 1安打無得点11三振で完敗

SPORTS 2015年01月02日

2014年の東大野球部を振り返る

TOPに戻る