SPORTS 2016年6月1日

2020東京五輪に向け、全学的スポーツ研究拠点を開設

 東大は5月19日、体力トレーニングといったスポーツ・健康科学分野関連の研究を基盤に超高齢社会での健康づくりなどに取り組み、学術成果の社会への還元を目指す全学的研究拠点「東京大学スポーツ先端科学研究拠点」を開設した。直近の課題として2020年オリンピック・パラリンピック東京大会に向けた選手強化を視野に、国立スポーツ科学センターなど学外機関と連携し先端的科学研究と各種支援を推進。五神真総長が、研究の拡充や学術成果の社会への還元など任期中の目標を掲げた「東京大学ビジョン2020」の実現を目指す。

 

 翌20日には日本スポーツ振興センター、日本障がい者スポーツ協会(JPSA)と協定を締結。社会のバリアフリー化推進を目指す観点から、JPSAの日本パラリンピック委員会などと連携してパラリンピック選手・出場経験者への支援に力を注ぐ予定だ。開設を記念し、6月4日には公開シンポジウム「東京大学スポーツ先端科学研究拠点構想と東京オリンピック・パラリンピック」を駒場Ⅰキャンパスで開催する。

 


 この記事は、2016年5月31日号からの転載です。本紙では、他にもオリジナルの記事を掲載しています。

2761_5_31pop622

ニュース:2016年度入学 初の推薦入試 質問の深さに驚きも
ニュース:大卒就職率、過去最高に 個別就職支援で成果
ニュース:東京五輪を見据え 全学的研究拠点を開設
ニュース:規制薬物使用で男性職員を解雇
ニュース:硬式野球 12年ぶり3勝で今季終了 勝ち点は持ち越し
ニュース:国内最高性能のスパコンを 筑波大と共同で導入
企画:近くて遠い国 ロシアの現状 「何でもあり」な独自の世界
企画:漫画企画②:少年ジャンプ編集部に聞く ヒット作の裏に編集者あり
新研究科長に聞く ②法学政治学研究科 岩村正彦教授
連載小説『猫と戦争と時計台』㉙
推薦の素顔 近藤生也さん(理Ⅰ・1年→工)
ひとこまの世界 東京ジャーミー
NEW GENERATION 社会基盤学 尾崎信助教(工学系研究科)
世界というキャンパスで 稲村侑華さん(文・4年)
キャンパスガール:大久保らなさん(文Ⅲ・2年)

※新聞の購読については、こちらのページへどうぞ。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

SPORTS 2016年11月24日

東京六大学選抜vsヤクルト 東大から3人が出場 三木投手が1回ピシャリ

SPORTS 2016年05月27日

【部員が見る軟式野球⑧】流れに乗り切れず立教に敗れ4連敗

SPORTS 2016年04月19日

6季ぶり1部で、1点も奪えず連敗 ホッケー男子

SPORTS 2016年05月02日

【部員が見る軟式野球⑦】早大に3―6、3連敗で今季3勝4敗に

SPORTS 2015年10月05日

東大硬式野球 慶大に連敗で1勝6敗に

TOPに戻る